ハルヨン式 TOEIC400点レベルの英語力解説、TOEIC400点からの英語学習方法

英語学習者の中には、就職・転職活動で英語力の評価を目指す方も多いと思います。

しかし、大学生もしくは社会人になりしばらく英語学習から離れていた方や、英語が得意でない方が初めて受験をすると、TOEIC400点程度の結果になることも多いです。

これは英語の基礎を忘れていたり、理解しきれていないことが原因であり、決して皆さんの英語力が低いわけではありません。 なぜなら、大学のIPテストや大学院試験で必要に迫られ、無対策でTOEICを受けると「TOEIC400点台」という結果が出ることがあるからです。 それを裏付けるように、過去に広島大学を中心に中堅国公立大学が公開している平均スコアは400点台後半となっています。 つまり現状、本来するべき英語学習ができていない、または対策する内容を間違えている可能性があるのです。 それでは、どのように勉強するのが良いのでしょうか?

 

そこで、この記事ではTOEIC400点レベルの英語力の特徴と、TOEIC400点から脱出するための最短勉強法を解説します。

この勉強法を学ぶことで、TOEIC400点レベルの方でも、英語の基礎を効率的に身につけことができるようになるでしょう。

初めはTOEIC400点という結果をみて「えっ、これだけしか取れないの?」と自信を失うかもしれませんが、心配ご無用です。

初受験(ほぼ無対策)でTOEIC400点台を取得できた方は、確実に+150〜300点は伸びます。この記事で学習法を学べば、その後の学習も楽になるはずです。

就職・転職活動で英語力の評価を狙うのであれば、最低でも600点以上は必要になります。 700点以上があれば志望先にもよりますが、有利に評価されると行っても良いでしょう。 つまり、TOEICで高得点を獲得しておくことは就職市場において非常に役に立ちます。

本記事を参考に、まずはTOEIC400点の英語力を自身で把握し、さらに高い点数を取れるような正しい学習方法を身につけましょう。

初受験でTOEIC400点以上は大学生の平均超え?

TOEIC400点台と聞くと「低い」という印象を持つのではないでしょうか?

2018年10月に行われた第234回TOEIC試験の平均点は599.5点と、TOEIC400点台よりも遥かに高いスコアとなっています。

2018年10月度のTOEIC試験の平均点は、599.5点

出典 平均スコア・スコア分布 詳細 (第234回)

直近の新入社員の平均取得スコアを見ても、500点台に近い点数となっています。

新入社員と内定者、それぞれの平均スコア

出典 2018年度 新入社員 TOEIC ® Listening & Reading 最新データ」より

大学卒業を控えた内定者に至っては、500点台中盤とさらに高いスコアを獲得しています。

TOEIC400点だと世間的には、恥ずかしいレベルと考えてしまうかもしれません。

しかし、データの示すTOEIC受験者層の平均は「何度も受験している人達の平均データ」です。

つまり「自主的」にTOEICを何度も受験している人達の平均データなのです。 基礎英語力の鍛錬はもちろんのこと、TOEIC特有の時間配分、単語、回答ポイントなどを十分に抑えて受験している人達が平均点を釣り上げているのです。

では、TOEIC用の対策をしなかった人達がTOEICを初めて受けた場合はどうなるのでしょうか。 中学・高校で学んだ英語を忘れ去るほど、英語から離れている場合、200点台~300点台という目も当てられない点数になるかもしれません。

中高で受験勉強をして基礎英語を抑えた人だと、もう少し点数は上がります。 長く英語学習から離れていて、TOEICを受験した場合400点台~500点台の点数になることもあります。

つまり、TOEIC400点台というのは、中学・高校英語は70%ほど理解しているが、曖昧であり、英語を聴くことに慣れていない層が当てはまる英語力と言えるでしょう。

TOEIC400点レベルの英語力(読む、聞く、話す)

残念ながら、TOEIC400点レベルの英語力(読む、聞く、話す)は、大したモノではありません。

TOEIC400点とは、総合的に言うと個々人の程度の差こそあれ、実用面(読む、書く、話す)において、最低限のことはできると考えられます。 ただ実際のところを言えば、TOEIC400点とは実用面のスタートラインに立ててすらいないのです。

知識面でも中学・高校英語の基礎が完全ではないので、「読む」に関してではセンター試験レベルの長文、簡単な英文の広告文程度が限界です。 ごく簡単なビジネスメールやチャット文などを読むことなら可能かもしれません。

ただ、洋書で英語のまま小説を読んだり、ニュース記事を円滑に読むことはできません。 事前知識がかなりある内容だった場合でも、推測し続けて文章を読み解いていく必要があります。

「聞く」に関しては人それぞれです。 短期のホームステイなどから帰ったばかりの高校生などであれば、基礎英語が乏しくても、耳が英語の音に慣れているのでlisteningパートのスコアで稼ぐことができます。 一方、受験英語の知識がある人だとreadingパートのスコアが高めで、listeningパートのスコアが低い構成となります。

ただ、listenigパートがやや得意でも、ListeningとReading合わせて400点です。 「聞く」も大したレベルではありません。 簡単な英会話や国内バスの英語音声案内が辛うじて理解できる程度だと考えられます。

「話す」に関しても同じです。 会話慣れしている人は、日常会話は可能ですが、少し複雑な内容を伝えることは困難です。 そもそも相手が話している英語を満足に聞き取れないので、会話はすぐに詰まってしまいます。

その日の天気や、今の気持ち、どこにモノがある、など、シンプルな伝達が辛うじて可能なレベルだと考えられます。 ただ、英会話が全く出来ない日本人からすると、これでも「すごい! 英語ができるんだ!」と感心されることはあります。

 

TOEIC400点レベルから、就職・転職・欧米圏への留学に有利な高得点を目指す勉強法

TOEIC初級者(400点台)の人達が、初心者を抜け出すためには何点を目指せばよいのでしょうか? 現在すでに400点を取れている人の場合は、最低限の基礎を理解しています。 そのためか、どのレベルの参考書に取り組めば良いのか迷う人が多いです。

TOEIC400点台であれば、試験の問題が一問も分からないということはないでしょう。 ですが、それでも試験自体は大部分が分からず、手応えが全くないこともあるのではないでしょうか?

このような段階で実践的な問題集に手をつけても、上滑りの知識が増えるだけで英語力の大きな向上は望めません。 ですので、最初はやや簡単に思えるかもしれませんが、高校英文法の基礎的な復習から始めて、しっかりとその後にも使える英語力の基礎を固めましょう。

高校英文法の復習によって、英語力の基礎を固めましょう。

これまで私が見てきた中で英語力が伸び悩んだ生徒で圧倒的に多いのは、『英文法の理解が曖昧。それにも関わらずTOEIC試験の問題演習を繰り返していた』という生徒です。

この失敗例を繰り返さないように、一見遠回りですが、最初に高校で学ぶ英文法の理解漏れを無くしましょう。 そうすることで、その後の学習を円滑に進めることが可能です。

具体的には、関係代名詞・関係副詞、節と句の違い、仮定法現在・仮定法過去、現在分詞・過去分詞、分詞構文、倒置表現などがよくある理解漏れの項目です。 これら項目に関する知識は大丈夫でしょうか?

その上で、最初に目指す点数に関しては、TOEICの平均得点を上回り、英語を使って業務ができる最低限の水準である600点を設定するのがおすすめです。

TOEIC600点を取得できるだけの英語の基礎力を身につけると、その後の就職・転職活動での評価、ワーキングホリデー、語学留学などが非常に有利になります。

なぜなら、TOEIC600点とは基礎的な英語力を備えた状態であるため、留学生活であれば初心者の方より圧倒的に充実した日々を送ることができますし、学力の伸びも早いからです。

また、TOEICの運営団体であるETSが「上場企業を対象に行った2013年の調査」によると、日本の約7割の企業が採用時にTOEICの点数を参考にしていると回答しています。

 

上場企業における英語活用実態調査」報告書より

2013年時点で約7割の企業が採用時に「TOEICスコアを参考にしている」と回答。

引用元 「上場企業における英語活用実態調査2013年」報告書

2013年時点の「新入社員と中途社員に期待するTOEICスコア」は、それぞれ以下の通りです。

  • 新卒社員……565点
  • 中途採用……710点

中途採用者へ期待するスコアは、2011年の600点から110点も高くなっています。

このことから、就職活動で英語力の評価を目指している方は、最低限である600点のスコアを獲得することは非常に有利なのが分かります。

一方、TOEIC600点に満たないようであれば、英語の基礎理解が不足しているため、ワーキングホリデーや欧米圏への留学で効果を得られず、聴くにしろ、話すにしろ伸び代が減少します。 また、就職・転職活動では英語力がないと評価される可能性があるため、履歴書などには書かない方が良いかもしれません。

だからこそ、TOEIC400点台の方はいかに600点台まで自身の英語力を高めるかが重要になってきます。

本記事の冒頭でも書きましたが、TOEIC400点台の方の中には、TOEIC対策をせずに受けた大学生など、TOEICの形式に慣れていないが故に400点台の点数に落ち着く方も多くいます。 そのような方はもう少し高い点数を狙えるだけの基礎力は持っている場合が多いので、それほど時間がかからずに600点台まで到達する方も多いです。

一方、200点台、300点台という中学英語すら怪しい段階から400点台へと上がってきた方は、600点台へと上がるためにさらに英文法の基礎力を蓄える必要があるので、少し時間がかかるでしょう。 より具体的な点数配分でいうと (Listening250点、Reading 150点)というように、Readingの点数が低い方の場合は、基本的な英文法知識が曖昧であることが推測されます。 受験勉強をそれなりに頑張った人達と比べて英語力は伸びにくい傾向かもしれません。

 

ハルヨン式 TOEIC400点から学び直すための英語参考書

ここで紹介する英語参考書はTOEIC400~495点から英語学習を開始することを想定して作成しました。

教材は上から順番に着手していって下さい。そして教材の紹介の後に、具体的な学習法を紹介しています。

 

中学英文法・中学英文読解の参考書

中学英語の理解があやふやな人のみここから着手下さい。そうでない方は次の「高校英文法の参考書」から学習を開始して下さい。

TOEIC LR試験で400~420点くらいで、英語学習の習慣が無くなっている方は、流す程度で良いので、ここからやり直した方が結果的に短期間で英語力が伸びる場合も有ります。

 

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。

中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。
まずは本書を通読することで、英文法の理解漏れを無くします。英語学習から離れていた方は本書でリハビリをして下さい。

すでに本書の内容をある程度分かっている方もいるかもしれませんが、意外と忘れていることがありますので、軽くで良いので通読下さい。

 

速読英単語 中学版 改訂版

速読英単語 中学版 改訂版
英文読解・リスニング学習を通じて中学英語を復習します。易しく感じるかとは思いますが、多読用教材だと思って読み切ってしまいましょう。

本書は大学受験で非常に有名な速読英単語 必修編[改訂第7版]、その中学版です。

 

高校英語・高校英文法の基礎固め参考書

TOEIC400点台の方々はここから本格的に教材に着手します。

 

高校 英文法を ひとつひとつわかりやすく。
高校英文法について一通り学びます。注意点としては本書だけでは、仮に7周しても、書かれている英文法について完璧に理解し、定着させられるわけではないです。

2周したら、次に述べる「大学入試で必要になる英文読解・英文法の基礎力育成」の教材に進んで下さい。

 

補足 英文法で理解出来ない時に辞書のように確認する参考書

総合英語 Evergreen
分厚い参考書ですので、辞書のように分からないことがあればその都度確認しながら使用下さい。

高校英文法をひとつひとつわかりやすくは説明が簡易的なものであるため、より詳細に英文法について確認をしたい場合にEvergreenを使用下さい。

 

大学入試で必要になる英文読解・英文法の基礎力育成

入門英語長文問題精講 3訂版
難易度が高めの短めの英文を読みながら、必須の英文法・英語構文を学びます。

負荷がかなり重い教材ですので、1日5記事を目標に学習を行って下さい。日本語の解説は難易度が高いので、現時点では全部理解できる必要は有りません。TOEIC LR試験で800点以上になったならば、つまり上級者になったならば、完全に理解出来ます。

繰り返しになりますが、この教材は難易度が高めであるため、初回の読み通し時には完全には理解し、習得できない場合も有ります。その場合は英文の品詞分解が理解出来れば良しとして下さい。

本書は都度都度復習をする必要が有ります。その復習をした上で、最終的には全英文を暗唱するくらいのつもりで取り組んで下さい。

 

もし入門英語長文問題精講 3訂版が難しすぎると感じる場合には、一旦難易度が易しめの英文読解教材に戻りましょう。

 

速読速聴・英単語Daily1500 ver.3

入門英語長文問題精講 3訂版 に入る前の準備教材として通読下さい。もしこのDaily1500も難しいと感じた場合にはさらに難易度をもう1つ落として下さい。

 

速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 (速読速聴・英単語シリーズ)

Daily1500よりも1段階易しい教材です。Part1は中学英語の復習ですが、多読の練習も兼ねて、Part1から着手ください。英会話の表現が多く含まれているので、Part1は後ほど勉強するであろう英会話対策にお勧めです。

主に取り組むべきはPart2で、こちらが高校レベルの英文読解になります。読み込んで・聴き込んで下さい。

 

 

大学入試レベルの問題で英文読解

入門英文問題精講 4訂版
大学入試レベルの24本の英文を読み込みながら、読解力・リスニング能力を高めます。そして、主に品詞分解について学びます。

入門英語長文問題精講 3訂版 の姉妹編です。本書も難易度は高めですが、このレベルの英文を品詞分解しながら読めるようになれば、TOEIC LR試験の英文読解で困ることは有りません。

 

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル]
こちらも英文読解・品詞分解を学ぶ参考書です。入門英文問題精講 4訂版よりも長めの英文で品詞分解について学べます。

 

TOEIC LR試験の参考書 必須のボキャブラリー学習

TOEIC L&Rテスト出る語句1800+[音声DL付]
TOEIC LR試験で必要になる英単語を一通り学びます。

入門英語長文問題精講 3訂版大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル]の2冊を終えた方であれば、問題なく読み進められることでしょう。通常のTOEIC LR試験参考書とは異なり、登場人物が固定されていて、かつ物語が展開しているため、興味を持って読み進めることが出来ます。

 

TOEIC(R)L&Rテスト 本番そのまま プラチナボキャブラリー

TOEIC LR試験と同じ形式の英文の中で必須英単語を学習していきます。こちらの方がTOEIC L&Rテスト出る語句1800+[音声DL付]よりも本番に近い形式です。Part1-Part7までの全パートに対応しています。

 

TOEIC LR試験の参考書 公式問題集で問題演習

前項の2冊のTOEIC LR試験対策向け英単語本をやり込み、あとは下記2冊の公式問題集で模擬試験の練習をすれば、TOEIC700点超えは十分に可能です。

 

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 6

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 5

まずは1回分の試験を2時間、本番同様に時間を測って模擬試験を受験して下さい。試験が終わったら答え合わせです。そして、その後にこれまでの教材と同様に、Listening PartとReading Partの読み込みを行います。

全ての英文で黙読・リスニング・音読の学習を徹底的に行って下さい。2020年5月時点、この2冊の公式問題集のみ、Reading Partのリスニング音声が有ります。Reading PartもListening Partと同様に、リスニング音源を聴き込んで下さい。

なお、学習法の詳細は次項、「ハルヨン式 TOEIC200点から学び直すための英語学習方法」を確認下さい。

 

そして、この4回分の模擬試験を全部やり込むには早くて4ヶ月、仕事をしている社会人であれば8-10ヶ月はかかる見込みです。地道に英語学習を続けて、4回分の模擬試験を丸暗記して下さい。4回分の模擬試験のやりこみが終わった時点でTOEIC800点を突破する方もいました。

突破していない場合には、英語学習法のやり方が悪い可能性が高いので、再度これまでに着手した教材を一通りやり直しましょう。

 

ハルヨン式 TOEIC400点から学び直すための英語学習方法

TOEIC LR試験で400点台からやり直すための英語学習法です。すでに上記紹介した英語参考書をここで紹介する学習法を元にやり込んでいって下さい。

この勉強方法は、この記事を書いているはるじぇー @HAL_J が運営している、英語学習サービス、ハルヨンの受講者向けの学習方法をブログ記事向けに加工したものになります。

座学学習と移動時間・隙間時間を活用した定着学習の方法を分けて紹介します。

 

座学学習で行うべきこと

手順1. 英文の日本語訳を読む、英単語の意味を日本語で確認する。

その他、日本語の解説を読み込む。言葉の意味や概念が理解できない場合はGoogle画像検索も行いましょう。例)glance at チラッと見る

 

手順2. 英文を精読し、品詞分解を行う。

注意点としては、TOEIC L&R試験のReading Partで350点を超えるあたりから自信を持って品詞分解が出来るようになってくる。それまでは漠然と理解しているような感覚が続きます。

 

手順3. 英文の自分事化を行う。

1記事毎に1英文、もしくは10英文を読む毎に1英文を選ぶ。自分自身が将来使ってみたい英文・英語表現を選び抜く。手順4以降でこの英文だけは丸暗記する。※イラストを書く、グーグル画像検索を行うとなお良い。

 

手順4. Audipoを使用し、リスニング音源を1英文毎(5秒前後)で区切る。

AudipoはAndroid版の方が圧倒的に良い。以下、区間再生設定を終えたAndroid版Audipoの画面。

 

定着学習で行うべきこと

座学学習にて準備をした後は、次は参考書の中に登場する英文を徹底的に読み込んで、聴き込んでいきます。目安の回数は「1英文あたり、黙読10回、リスニング20回、音読10回」。これを2周です。

すなわち「1英文あたり、黙読20回、リスニング40回、音読20回」もの回数をやり込む必要が有ります。それぞれの参考書は1-3回通読するだけではなく、その参考書に記載されている英文を全て徹底的に読み込み・聴き込み、暗記していきます。

さらに詳しい学習方法については下記の記事を読み進めて下さい。

ハルヨン受講者向け TOEIC LR試験で600点未満の方々向け 座学・定着学習マニュアル

 

TOEIC400点レベルの人達に向けたカリキュラム作成案

私がTOEIC400点レベルを目指す生徒向け学習カリキュラムを作成する際に意識することは、その生徒の英語学習の根幹を成していく基礎力を漏れなく身につけてもらうことです。 具体的にはまずは高校生レベルの英文法を習得してもらいます。

この記事の筆者 @HAL_J こと、柴田はすべての生徒に対して、まずは高校英文法の理解を再度確認してもらいます。 その後に、英文読解・リスニング学習の参考書に取り組んで、学んだ英文法を定着させて、英単語の語彙を増やしていきます。 そして、ほとんど全ての生徒にTOEIC LR試験の参考書を指定します。 理由はいろいろありますが、一番の理由は「TOEIC LR試験向け参考書が一番よくできている」からです。

そして、TOEIC参考書を使用して『学んだ英文法を定着させ』て、『英単語の語彙を増やして』いきます。

学習の中心となるのは『品詞分解による英文法の定着』『音読』です。 英語学習において両輪を担うこれら2つの勉強法ですが、この両者は同時に取り組むことでより学習効果を高めることができます。

品詞分解を行うことで、文法知識の精度を高めます。 そして、品詞分解をした英文を音読することで英語という言語自体に対する理解を深めましょう。 最初は短くて易しめの文章から取り組みますが、徐々に長く難しい英文に取り組んでいきます。

この学習の過程で蓄積されていく基礎的な英語に関する知識こそが、「英語を話す」ために必要な基礎知識になります。 基礎知識のインプット無くして英語を話せるようになりません。 英語を話せるようになるためにも、まずは英文を品詞分解し、その上で英文を音読していきましょう。

 

最後に一言

本格的に英語を学習し始める、あるいは久しぶりに英語に触れるという方も多いTOEIC400点台ですが、自力で効率的な方法で語学を学習するのは難しいものです。 短期間で成果を出したいというのであれば、家庭教師なり語学学校を活用するのがおすすめです。

 

この記事を書いた人

はるじぇー @HAL_J

中学英語、高校英文法から大人が学び直せるサービス、オンライン英語学校のハルヨンを運営中。詳細はトップページ現在開講しているコース料金のそれぞれのページをご確認下さい。