TOEIC600点に到達するための入門英文問題精講 4訂版

TOEIC LR試験で600点、Reading Partで300点に到達出来ない人は英文法・英文読解についての知識が欠けていると言えます。

また、少し難易度が高い複雑な構造の英文が来たらお手上げという人にお勧めなのが、大学入試対策の参考書である入門英文問題精講 4訂版です。

TOEIC LR試験対策の参考書ではここまで高い水準で英文法・英文読解について学べる教材は有りません。

そのため急がば回れで、TOEIC LR試験の点数を伸ばせない人は本書に取り組みましょう。

本書はReading Part 350点未満の方々にお勧めの教材です。

この記事で書かれている教材を実際のレッスンで体験されたい方はリンク先ページにあるオンライン説明会/個別相談会の申し込みも検討下さい。

目次

入門英文問題精講の特徴

本書を終えることで何が出来るようになるのか

入門英文問題精講 4訂版をやり遂げたら、大学受験試験レベルの難易度が高めの英文が読めるようになります。

中級者、上級者になるために必要な英文法の知識が得られ、英文法の参考書の解説が理解出来るようになります。

TOEIC LR試験対策においては、Reading Partで300点、400点を突破するための基礎力が身につきます。

本書の優れた点

解説が極めて詳しい。短めの英文に対して、2ページ分の日本語解説が有ります。

この日本語の解説は読むのはそれなりに大変ですが、この日本語の解説を繰り返し読むことで、上級者に到達するために必須の英文法の知識が習得出来ます。

1982年からアップデートされ続けている教材であるため、40年近く積み重ねられた知見が本書に詰まっています。

本文を紹介

下記にサンプル英文を掲載します。

サピエンス全史、ユヴァル・ノア・ハラリの話になります。

英文自体の難易度は実はそれほど高くないですが、書かれている内容が難しめです。

解説がとても充実しているため(上記画像の8~10倍の分量有ります)、独学で英文法・英文読解を学び直す学習では本書を読み切ることが必須です。

上記の英文を見て、自分には難しすぎると感じた場合には先に下記記事で紹介している易しめの英文法参考書に着手下さい。

あわせて読みたい
TOEIC LR試験対策 英文法の基礎固めの2冊(+2冊) TOEIC LR試験で500点未満の初級者にお勧めの英文法参考書を本記事では2冊。加えて、それら英文法書を使いこなすための補助教材を2冊紹介します。 これらの参考書は負荷...

入門英文問題精講…使用上の注意点

一度に大量にこなそうと無理をしない

本書は負荷がかなり重い教材ですので、1日3-5記事を目標に学習を行って下さい。

最初は1記事読むのに30分以上かかるかもしれません。

また、1回読んだだけでは完全にしっくりと来ないことが多いので、最低3回は通読することを目標に読み込んでください。

この教材は難易度が高めであるため、初回の読み通し時には完全には理解し、習得できない場合も有ります。そのため、都度都度復習をする必要が有ります。

最低2周(できれば3周)することを前提にして、2ヶ月毎に復習するのがお勧めです。

特に1周目では完全には消化出来ていない内容が2周目では深く理解できるようになっているはず。

そして、通読時に不明点があれば、再度日本語の解説を読み込んでください。

よく分からない、定着していない状態でどんどんと進めない。

入門英文問題精講の説明を1-2回だけ読んで、まだ十分理解していない状態でどんどんと進んでいくのは駄目です。

TOEIC LR試験のReading Part 225点未満の人の場合だと、日本語の説明文を少なくとも3回以上読むようにしましょう。

たとえ思ったよりも時間がかかっても、1つ1つ理解できる水準まで到達してから先に進むようにしましょう。

理解できているかどうかの確認としては、自分で先生になったつもりでレッスンをしてみて、書籍内で書かれている英文法用語を自分自身が使いこなせるかどうか確認ください。

言語化がうまく出来ない場合は、理解があやふやであると言えます。この場合、さらに追加で読み込む必要が有ります。

発音が不明な見慣れない英単語は必ずネットで検索して発音の確認を行う。

発音チェックにはWeblioとGoogleの併用がお勧めです。

例えば、本文に登場するRelativityの場合。

ここに書いた学習手順はこれ以降の参考書でも有効ですので、これら注意点を留意下さい。

英文法を理解していないと超えられないTOEIC600点の壁

入門英文問題精講 4訂版の内容を理解出来ないとTOEIC800点の壁はおろかTOEIC600点の壁を超えられません。

本書は難易度が高めの教材ですが、頑張って下さい。

私が関わっていた語学学校サウスピーク(移転前アドレス souspeak.com )では勉強時間をかけてもTOEIC800点を超えられない理由は次の2つの理由でした。

1番目の理由として「英文法の知識が足りない」が挙げられます。

2番目の理由は英語以前にそもそも日本語である母語の水準があまり高くなく、「参考書に書かれている英文法の日本語の解説を読破・理解できない」という理由が該当します。

3~6ヶ月の長時間語学留学でフィリピンに滞在して、仕事もしないで(学校にもいかないで)、一日中英語学習にのみ時間を使って音読・リスニングしたにも関わらず、いつまでもTOEIC600点を超えられずに終わっていた方々が数多くいました。

英語力を伸ばせなかった留学生達に足りなかったのは、英文法の専門用語を学び、英文法に関する知識を身につけた上で、難易度が高い英文を論理的に読む訓練でした。

最低限、 入門英文問題精講 4訂版で書かれている内容を理解していないとTOEIC600点、730点という中級者以上の英語力に到達することは出来ません。

英文法に関する理解の速さ・理解の深さは日本語の水準に左右される

この入門英文問題精講 4訂版から母語の水準、国語力(日本語力)が問われてきます。

言い換えると、日本語で文章を読むのが苦手な人はこれ以降の英語学習も大変になってくるということです。

一般常識も問われます。普段日本語で本を読まない、新聞レベルの活字本を読まない人にはこれ以降の学習が厳しくなります。

TOEIC LR試験においても、環境問題や最新の技術(自動操縦など)についての話題は登場します。

自覚のある方はまずはTV番組で良いので、一般教養を身につけられる下記の3つの番組を定期的に観るようにしましょう。

漫画だと、著名な政治家(麻生太郎)が紹介して話題となった下記がお勧めです。

紛争でしたら八田まで(1) (モーニングコミックス)

2巻、紛争でしたら八田まで(2)の後半からはウクライナを扱っています。

2022年2月24日にロシアがウクライナに侵攻する以前に書かれたものですが、いま読めばウクライナという国について極めて高い解像度で理解することが出来ます。

試験英語が終わった後には一般教養も必要になる

TOEIC LR試験で目標点を獲得した後に問われるのは「英語の知識」だけではなく、自分がどれだけ「共有できる有益な知識」を持っているかが問われます。

英語の日常会話が出来るだけではあまり価値は有りません。それでは現地のティーンエイジャー達と変わらないです。

そのため今のうちから「母語の水準」や「仕事に関連する専門知識」を高めるようにしましょう。

実際、日本語で文章を読むのが苦手だったり、一般教養的な知識が極端に欠如している場合、TOEIC800点を超えるのはきわめて難しいです。

こういう学習者の場合、仮にTOEIC800点に到達しても、L470点 R 330点のように極端に偏った点数、英語で文章を読むのが苦手であることが推測されうる点数配分になります。

TOEIC800点に到達してもそれ以上の点数を伸ばせないですし、英文法・英文読解の知識が無いことが、英会話やリスニングにおいても足を引っ張ることになります。

同じTOEIC800点でも、L400 R400 という点数バランスの良い学習者と比べて英語力は2段階は低いと言えます。

バランス良く英語力を伸ばしていくためにも、入門英文問題精講 4訂版の内容を完全に理解することは必須です。

英文法の次に取り組むべきは英単語

学習カリキュラムとしては、英文法参考書が終わって次に取り組むべき参考書は英単語帳です。

おすすめのTOEIC LR試験対策の英単語本に関しては下記の記事にまとめています。

あわせて読みたい
TOEIC LR試験対策 お勧めの英単語本 TOEIC LR試験で730点、800点、860点を超えるに当たって必要になるのは何は無くとも英単語・語彙・ボキャブラリーです。豊富な語彙力があれば、特別な試験対策をしなくて...

さらに上級を目指す場合は追加教材有り

入門英文問題精講 4訂版を終わらせた後に品詞分解についてさらに学ぶための参考書2冊を追加で2冊紹介します。

しかし次に述べる2つのどちらかの条件に当てはまる人にのみお勧めします。

  • TOEIC LR試験で860点、900点超えを狙う人
  • TOEIC LR試験だけでなく、英検/TOEFL/IELTSの勉強のための基礎力を付けたい人

次の記事で紹介する2冊はTOEIC800点で十分な人には不要な負荷が重い参考書ですので、あくまで条件に合致した方だけ読み進めて下さい。

そうでない方はTOEIC試験対策の参考書に進んで下さい。

(さらに上級を目指す人向けの記事)

あわせて読みたい
品詞分解についてさらに学ぶための参考書2冊 大学入試対策の参考書である入門英文問題精講 4訂版。 本書を終わらせた後に品詞分解についてさらに学ぶための参考書2冊を紹介します。 TOEIC LR試験で860点、900点超え...

この記事を書いた人

ハルヨン代表 柴田 @HAL_J

日本にはほとんど全く存在しない「大人が英文法・英文読解を学び直せる場所」という学習方針を中心に据えて、

「TOEIC試験対策をいくらしても点数が伸びない初級者・中級者のための学習カリキュラム」

「Reading Part重視でTOEIC860点(A Level)に到達する。英会話・英作文も出来るようになる学習カリキュラム」

これら2つの学習カリキュラムを実現するレッスンをハルヨンでは提供しています。詳細はトップページをご確認下さい。

さらに詳しい情報に関して

この学習記事はハルヨンでのレッスンを土台にして作成しています。

ハルヨンについてより詳しく知りたい方・受講を希望する方は下記のボタンからオンライン説明会/個別相談会へお申し込み下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はるじぇー (株)ハルヨン 代表取締役

英語学習に関する有益な情報を発信しています。

得意分野は
「中学・高校英文法の学び直し」
「英会話に繋げるTOEIC L&R試験の勉強法」
です。

ツイッターは相互フォローの方針でやっているので、お気軽にフォロー下さい。

目次
閉じる