ニュースで英語術 TOEIC試験対策+英会話対策にお勧めの無料教材

TOEIC LR試験で目標点を取るだけであれば、TOEIC LR試験の問題集をやり続けるのが最短距離ではあります。

しかし、「試験英語だけだと退屈だ」「試験英語だけでなく現実世界で実際に使われている英語も学びたい」「英会話対策もしたい」と考えている方には時事・ニュース英語で英語学習を併用して学習するのがお勧めです。

本記事ではニュースで英語術の魅力を3つの観点から紹介します。

魅力1…TOEIC LR試験対策として使える

ニュースで英語術をTOEIC LR試験対策として使うのはお勧めです。

TOEIC 試験の参考書の一番の問題点は内容がつまらないことです。TOEIC LR試験は知識・教養を問う試験ではなく、英語力だけを確認する試験であるため、はっきり言って中身のない試験です。

知識・教養が無くても解けるような設問ばかりであるため、通常のTOEIC LR試験教材は本当に記憶に残りにくいです。皆さん自身も直近で読んだTOEIC LR試験参考書の英文がどういった内容だったのか思い出してみて下さい。また、これまでに読んだTOEIC参考書の英文で記憶・印象に残っていたものを思い出してみてください。

おそらく思った以上にこれまでに学んだ内容を思い出せなくて愕然とすることでしょう。私自身、直近で取り組んだ記事の内容は思い出せますが、1ヶ月以上前の英文記事となるとほぼ何も思い出せないです。

私はTOEIC LR試験の基礎固め教材として、【ハンディ版】TOEIC L&Rテスト出る語句1800+[音声DL付]を推奨していますが、なぜ本書を推奨するのかというと、ストーリー展開が有り、登場人物が固定されていて記憶に残りやすためです。

TOEICテスト出る語句1800+では登場人物が固定されている
TOEICテスト出る語句1800+のMikiとYasuoのやり取り。登場人物が固定されているため、愛着も湧く。

ニュースで英語術に話題を戻すと、例えば新型コロナウイルスの影響で「富士通 働き方を見直し」「ANAが過去最大の赤字」といった記事を読み込んでいれば、すぐに記事の内容を思い出せますし、その記事の内容と合わせて、そこで学んだ英単語・英語表現を思い出すことが出来ます。

下記の画像は「富士通 働き方を見直し」の記事ですが、記事前半だけでも下記の英文法・英文読解がTOEIC LR試験で頻出されるものになります。

(TOEIC LR試験・頻出の英単語)
embrace 取り入れる、working conditions 労働条件、prompt 促す、domestic employee 国内の従業員達、result in ~につながる、~に終わる

※上記画像はハルヨンのレッスンで使用したもの。私はニュースで英語術が大好きなこともあって、品詞分解・解説を加えた英文の画像に加えて、英会話・英作文対策に繋がる瞬間英作文も作成しています。下記リンク先で公開しているため、気になる方は確認下さい。

当然ながらTOEIC試験のために創られた架空の内容のやり取りよりも、現実の印象的なニュース記事の方が記憶と結びつく度合いが強いです。

そのため、より記憶に定着しやすいニュースで英語術の記事をTOEIC L&R試験のために使用するのを私はお勧めしています。

一点補足すると、TOEIC LR試験対策の勉強をしている間は、TOEIC LR試験に関連がありそうな記事を選んで学習するのが良いです。ニュースで英語術の中にはTOEIC LR試験に全く登場しない英単語・英語表現ばかりの記事も有りますので。2021年1月18日の週であれば、下記のように分類出来ます。

[TOEIC L&R試験と相性が良い記事]
金閣寺 屋根のふき替え完了
ポンペイ遺跡で飲食店カウンター発掘

[TOEIC L&R試験と相性が悪い記事]
韓国 元慰安婦の裁判で日本に賠償命令 
北朝鮮 “核・ミサイル開発を推進”
東京五輪・パラ開催 世論は消極的

記事のタイトルからだいたいTOEIC LR試験との関連は推測出来ますので、記事の選別自体は簡単です。

魅力2…英会話対策としてのニュース英語・時事英語

TOEIC試験で目標点(800点、900点)を獲得した後で重要になるのは、「英語で何を話すのか」というあなたが英語で話す内容が重要になってきます。

すでに述べたようにTOEIC LR試験は知識・教養を問う試験ではなく、英語力だけを確認する試験であるため、はっきり言って中身のない試験です。相槌の打ち方などは学べますが、英会話の話題として使える英語表現はTOEIC LR試験だけでは学べません。

私は過去に語学サウスピークでTOEIC LR試験対策に特化して学習をし目標点に到達したけれど、「TOEIC800点を取ったのですが、英語で話す内容が思い浮かびません」という悩みを抱える留学生達の相談にのってきました。

TOEIC LR試験で目標点に到達しても、話す話題がそもそもなければ、せっかく学んで身に付けた英語知識を使う機会が有りません。TOEIC LR試験で目標点に到達した後のことも見据えて、早い時期から英語で話せる話題をインプットしておきましょう。これは一朝一夕で身につけられるものでは有りませんので。

魅力3…隙間時間に勉強しやすいのが一番の魅力

すでに紹介した「富士通 働き方を見直し」の記事ですが、上記の画像はiPadでウェブサイトをスクリーンショットした画像にいろいろと書き込みをしたものです。

でも、ニュースで英語術はスマートフォンを使って、ちょっとした隙間時間に学習をするのがお勧めです。

スマートフォンで見たウェブサイトを見ると下記のようになります。

上記の画像は2020年6月9日(火)の放送内容 黒人男性死亡事件 全米で抗議デモ U.S. PROTESTS SPREAD OVER POLICE KILLINGです。

そして各英文をクリックすると、英文毎に日本語訳と解説・英単語の意味も確認出来ます。日本語の解説が有り、英単語の意味も補足説明されているため、英語のみのニュースサイトよりも勉強が圧倒的にしやすいです。

記事によっては、隙間時間の10分から15分程度で一通り読めてしまうので、細切れに学習するのに最適です。スマートフォンのトップページにニュースで英語術のショートカットキーを作成しておけば、瞬時にウェブサイトにアクセス出来ます。

英文がウェブサイト上に公開されているので、文字サイズや画面サイズの変更をして、自分好みに加工できるのがニュースで英語術の魅力です。

また、立ち上げるアプリはChromeで良いので、他のどんな学習アプリよりも最速で学習したい英文記事に辿り着けます。abceedやスタディサプリといった英語学習アプリが近年注目されていますが、それすらをも圧倒的な使い勝手の良さでニュースで英語術は上回っています。

隙間時間を無駄にすることなく勉強が出来るので、ニュースで英語術は中級者以上に本当にお勧めです。

注意するべきこと1…リスニング音源の確保に関して

一番の注意点はリスニング音源が別のウェブサイトにあるという点です。下記のリンク先に直近で1週間分のリスニング音源が有りますので、期間内に音源を入手下さい。

らじるらじるの聴き逃し放送 世界へ発信!ニュースで英語術

私はウォークマンのダイレクト録音を使って、番組後半の英文に通しで読まれる箇所のみをマニュアル録音しています。

(私が使用している機種)ソニー ウォークマン Aシリーズ 16GB NW-A55

ICレコーダーを使って録音しているという人も知っています。もし他にも良い録音方法があると思いますので、思いついた方は @HAL_J までリプライを下さい。

少し面倒ではありますが、ひとたび音源さえ作ってしまえば、下記のようにAndroidの画面分割+Audipoを使用して、どこでも気軽に、隙間時間に時事英語が学べる教材になります。

(画面に表示されている記事)(2020.7.23)異文化共存の象徴がイスラム礼拝堂に MOVE TO MAKE HAGIA SOPHIA A MOSQUE RAISES OUTCRY

Androidの画面分割機能を使用すれば、ニュースで英語術のウェブサイトにて英文を表示しながら、Audipoの「区間再生」と「再生速度変更」の機能で1英文毎に深く定着学習を行うことが出来ます。※Audipoについてはこちらの記事を確認下さい。

注意するべきこと2…英文の難易度に関して

TOEIC L&R試験で600点以上(正確にはReading Part 300点以上)の方であればニュースで英語術は問題なく使用出来ます。興味がある、よく知っている内容ということであれば、TOEIC500点くらいの人でも独学で取り組めます。

記事中に登場してくる英文が理解出来ない場合は、英文法の力が不足していることを意味しますので、英文法の学習をやり直しましょう。不定詞toによる未来表現、withの付帯条件、分詞構文によってどんどん情報を追加していく表現などTOEIC L&R試験より1段階難しい英語表現が時折登場します。

文中にいきなり仮定法過去・仮定法過去完了の表現が登場します。そしてこれらは教科書通りではなく、副詞節が省略されていたり、不規則な使われたりすることが大半です。こういった生の英語表現をニュースで英語術では学べます。

基本的には日本語の解説文を読めば中級者以上であれば理解できる内容ですので、それほど身構えなくて大丈夫です。記事によって難易度が異なるので、易しめの記事にのみまずは着手するのがお勧めです。

例えば、下記の記事2本は難易度が低めの記事ですので、入門編としてお勧めです。※下記リンク先には私が作成した英文法・英文読解についてもろもろ書き込みした画像が有ります。

★映画「鬼滅の刃」 記録的ヒット DEMON ANIME BREAKS BOX OFFICE RECORD

★次期米大統領にバイデン氏 BIDEN PLEDGES UNITY IN VICTORY SPEECH

おわりに 「英語”を”学ぶ」から「英語”で”学ぶ」へ

知識・教養を問わないTOEIC L&R試験と異なり、ニュースで英語術は英文自体の内容が面白い英文です。時事問題について詳しくなり、英会話の話題も増えるのでお勧めです。

TOEIC L&R試験の参考書で学習を行っている時はそれほど多くの記事はこなせないでしょうから、全部の記事をこなすのではなく、1週間に1~2本の記事を読み通すくらいに軽めにやり込んでおきましょう。

学びたい記事はTOEIC L&R試験に関連しているものを無理して選ぶこと無く、自分自身が読みたいと思った英文記事をやり込むのが長続きするコツです。まずは無理のない範囲で取り組んでみて下さい。

以下、私自身がなぜニュースで英語術のように「英語学ぶ」教材にこだわっているのかについて少し長いですが、まとめました。

TOEIC LR試験などの試験対策を通じて「英語という言語を学ぶ」仕組みを作ることは出来た。けれど、それ以上の領域、「英語で何かを学ぶ」といった領域まで踏み込むことが出来なかった。

これが私がフィリピン留学(語学学校サウスピーク 移転前アドレス souspeak.com)時代に課題として感じていたことで有り、そしてハルヨンでは改めていきたいと強く感じていることです。

最初になぜ「英語で何かを学ぶ」まで踏み込めなかったのか、その原因を3つ順番に挙げていてきます。

「英語で何かを学ぶ」に踏み込めなかった原因1…フィリピン人講師の離職率が高い。

最初にあげる原因は、語学学校にいるフィリピン人講師達の離職率が高いことです。

“格安”のフィリピン留学を支えるフィリピン人講師達なので、当然給与は安いです。月給の相場は月額16,000円から24,000円です。これはフィリピン人にとっても安い給与です。そのため本当に優秀なフィリピン人は、格安フィリピン留学の現場には長くいません。

フィリピン留学やフィリピン系オンライン英会話の関係者達は言いませんが、フィリピン人講師達の教養レベルがあまり高くないことも影響しています。

わりと知られている例としては、フィリピン人講師たちは算数が本当に苦手です。中学1年生程度の因数分解を解けるフィリピン人講師はほとんどいません。もっと易しい4桁と2桁の足し算とか、台形の面積の求め方とかこの水準の算数が出来ない場合も珍しくはないです。

もちろんフィリピン人全員がそうではないとは思いますが、語学学校で働く特別なスキルが無い20代の若い女性フィリピン人講師の場合だと、この簡単な算数を含めて、教養の水準は日本人目線で見ると厳しいものが有ります。

「英語で何かを学ぶ」に踏み込めなかった原因2…一部の日本人生徒のレベルが低い

語学学校には入学試験がないので、日本人生徒の教養面の知識の欠如が問題になったというのも有ります。英語力は中級レベルでも、教養面がかなり危ういという生徒もいました。主に大学生などの学生が該当します。

例えば、TOEFLのSpeaking試験であるような「外国で投票率上げるために投票を義務化し、投票しない人に罰金を課すことについてどう思うか」といった議題で討論しましょうとした場合、こういったことをこれまでに考えたことがなくて、英語以前に日本語でも何も話せないとなった学生が数多くいました。

TOEIC LR試験ではこの水準の知性を求められることはないので特に問題になりません。しかし、その先にあるTOEFL iBT試験やIELTS試験では求められます。

そして、語学学校のレッスンマニュアルは基本的にこういう英語力以外の学力の低い学生たちが来ることを前提にしなければならないので、私はこういったことを考えたこともない学生たちを最低基準にして学習カリキュラムを作っていました。

本件に関してもう1つ例を上げると、試験を越えた話題では、時事ネタについての討論が導入したかったけれど、導入出来なかったレッスンになります。

2021年であれば、「新型コロナウイルスの各国の姿勢についてあなたはどう考えるのか。どの国の方針に賛同するのか、また母国の方針についてどのような課題を感じているのか」となりますが、英語以前に日本で考えたことがないと何も話せないです。

フィリピンに関する設問だと、「中国の戦狼外交についてどう考えるか。また、フィリピンは当初南沙諸島問題の事も有り反中国の姿勢であったが、現在は一転して親中国の姿勢になっているがこの事についてどう考えるのか」となります。

普段から英語ニュースに触れていればこれらはそれほど難しくない設問ですが、基礎知識がないと何も答えられないです。そしてこの水準の時事ネタの場合だと、フィリピン人講師と日本人生徒の両方に課題が有り、実現は不可能でした。

英語を学ぶ語学学校なので、求め過ぎだったのかもしれませんが、私にとっては不満でした。

結局、フィリピン人講師と日本人生徒の双方に課題があったので、「英語で何かを学ぶ」については諦めざるを得なかったです。

英語学習にフォーカスしましたが、その結果生徒がどうなるのかというと、「TOEIC LR試験で800点を取ったんですけど、英語で何を話したら良いのか分からないんです…」という生徒が出来上がることになります。※もちろん全員じゃないですが。

英語という言語だけを学んでいると、特に教養面がほとんど全く問われないTOEIC LR試験だけに絞って学習をするとこうなってしまいます。この点は忸怩たる思いでした。

こういった課題は常に感じていましたが、私自身がもろもろの事情で語学学校サウスピークの現場にいることが出来なかったので、残念ながら「英語で何かを学ぶことが出来るレッスン」については諦めてました。

「英語で何かを学ぶ」に踏み込めなかった原因3…私自身が語学学校の現場にいなかった

課題・問題点は分かっていたのですが、いかんせん私自身がもう1人の共同経営者と不仲すぎて早々とフィリピン留学の現場から離れてしまったため、これらの問題を解決することは出来ませんでした。

そのため、語学学校サウスピークの学習カリキュラムは私が現場を離れた2015年の夏以降、マイナーなアップデートしか出来ませんでした。率直に言うとドンドンとそれ以降劣化していきました。もともと語学学校サウスピークの学習カリキュラムは私が現場にいることを想定して作ったものですので、これは必然でした。

日本語で文章を読めない生徒ほど、英語力の伸びは悪い

英語学習に話を戻すと、偶然ではなく必然なのですが、知的好奇心に乏しい留学生に英語だけを教えても、TOEIC LR試験のReading Partはすぐに伸び悩む傾向が有りました。

こういった生徒は母国語である日本語での読解力が低いので、当然ながら外国語である英語での文章読解が苦手なのです。つまり、日本語で活字が読めない人は、英語でも活字が読めません。

仮にTOEIC LR試験で800点に到達しても、Listening Part 450点、Reading Part 350点というように、英文法の理解不足からこれ以上英語力は伸びないであろうという点数配分になる傾向が有りました。

一方、これから先も伸びていく点数配分はどういうものかというと、Listening Part 400点、Reading Part 400点といういうようにLとRのバランスが良い場合です。

さらに付け加えると、Listening PartよりもReading Partが得意でR450点以上に到達している人の場合だと、ほんとうにすぐにTOEIC900点に到達します。

こういった人達の学習履歴を見てみると、下記写真ファイルの記事一覧にあるように、大学受験時に難易度が高く、思考力が問われるすでに英文を読み込んでいます。

大学受験参考書ポラリス 記事一覧

※上記の記事一覧は 大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル] より引用

社会問題の項目を見てみると、「貧困の差は必ず生まれる!?」「遺伝子検査の問題点」「自動運転で街はどう変わるか」と、日本語の現代文レベルの難しい文章であることが分かります。

英文読解で極めて高い水準の英語力を示すのは、10代の受験勉強時にこのような英文を読み込んできた人達です。換言すると、旧帝大や難関私大に合格してきた人達です。

そして、日本語ですら教養が求められる疑問について考えたことがなければ、当然こういった英文は読むことは出来ません。

しかしながら、英語学習をするのであればこれは避けてはいけない道です。そうでないと、「TOEIC LR試験で800点を取ったんですけど、英語で何を話したら良いのか分からないんです…」という生徒に行き着くだけですので。

ハルヨンでの試み 英語で何かを学ぶために

ハルヨンではフィリピン留学時代に出来なかった、「英語で何かを学ぶ」ための教材も導入しています。その1つがニュースで英語術です。

下記のリンク先記事にまとめていますが、リンク先記事にあるような最新の時事ニュース記事を使って英語を学べる一石二鳥の教材をハルヨンでは取り入れています。

まずはこの水準の英文記事を読めるようになって、英語学ぶ領域にハルヨン受講生には到達していただきたいです。