Welcome to ハルヨン   Click to listen highlighted text! Welcome to ハルヨン

英文法の理解が最重要

英語学習では英文法の理解が最重要

ハルヨンは「大人が英文法・英文読解を学び直せる」学習サービスを提供している日本では極めて珍しい存在の語学学校です。

これまでに私(柴田 @HAL_J)はオンライン英会話、フィリピン留学の語学学校と関わってきた経験から分かったことは下記になります。

オンライン英会話→「 英文法の知識が十分な受講者は英会話の習得が早く、また上級レベルの英会話が出来るようになる」

フィリピン留学→「 英文法の知識が十分な留学生は、短期間でTOEIC LR試験の点数を劇的に伸ばせるし、また英会話・英作文も上級レベルにまで到達することが出来る」

14週間でTOEIC510点(L260: R250)⇒880点(L435 :R445)370点アップ!

14週間でTOEIC510点(L260: R250)⇒880点(L435 :R445)370点アップ!させたTakaharuさんからのアドバイス「初級者は英文法の学習は日本で終わらせておいた方が良い」。大学入学前に浪人の経験が有り、英文法についてすでに平均以上の理解があったTakaharuさん。

これらの経験から言えるのは、短期間で英会話が出来るようになって、また英語4技能(聞く・読む・話す・書く)の能力を全て順調に伸ばせた人達というのは確固たる英文法の基礎力がある人達でした。

逆に英文法の知識が不十分なオンライン英会話の受講者は長期間たくさんのレッスンを受講しても、文章単位で英語を話せるようにはなりませんでした。英単語を繋げて話すブロークンな英会話がせいぜいですし、話相手が話す内容もあまり聞き取ることは出来ませんでした。

英文法の知識が不十分なフィリピン留学の留学生は、TOEIC LR試験の点数を上げることも出来ず、また英会話・英作文も出来るようにはなりませんでした。6ヶ月の語学留学で、150~200万円近くの費用を使っても、TOEIC500点にすら到達できない留学生も珍しくは有りませんでした。

マンツーマンレッスンを有効に活用できるのは、英文法を理解している人だけ

英会話ができるようになるには、TOEIC試験の点数を高めるためには、英文法の理解が欠かせないのです。

この最も大事な英文法の学習をしないで、オンライン英会話をしても、フィリピン留学(語学留学)をしても、英語力は伸ばすことは出来ないです。

TOEIC LR試験の対策においても、英文法を理解していないと、いつまで経ってもReading Partの点数を伸ばすことが出来ません。

ハルヨンが英文法の学習を最重要視しているのは、こういった経緯からです。

ハルヨン学習カリキュラムの基本戦略

英文法の学習を最重要視するハルヨンの学習カリキュラムの基本戦略は下記の3点です。

  1. 高校英文法を学び直し、大学入試レベルの問題が解けるだけの英文法・英文読解の知識を身に付ける。
  2. TOEIC Part5(英文法問題)の対策を行う
  3. その上で、TOEIC LR試験の全てのPart対策を行う。Reading Part 430点を狙う。

以下、この基本戦略に関しての詳細です。

大学入試レベルの難易度が高い英文を理解できるようになる

理解可能なインプット学習を行うために

英語学習において極めて重要な考え方に「理解可能なインプット学習」を行うというものがあります。第2言語習得論(SLA)においても必ず出てくるのがこの 「理解可能なインプット学習」 です。

簡単に言うと、理解できる英文を読んで知識を増やしていきましょう、ということです。

いくら長時間の勉強をしても、読んでいる英文を理解出来ていない場合は、英語力は伸びません。そのため長時間の勉強をいくらしても、理解できていない状態であれば英語力は伸びないのです。

この 「理解可能なインプット学習」を行うために必要になるのが、大学入試レベルの英文を理解できる英文法の基礎力です。

Part5の英文法問題を理解出来るようになる

TOEIC LR試験対策の参考書(公式問題集など)を使用して、「点数を伸ばせる人」と「点数を伸ばせない人」がいます。この人達の違いは何でしょうか。

TOEIC LR試験向けの参考書を使い、勉強時間に比例して点数を伸ばせる人達の特徴として挙げられるのは「Part 5の文法問題を理解できる」というものが挙げられます。

「Part 5の文法問題が理解できない」「なんとなくの感覚で解いている」という場合には、英語力を勉強時間に比例して伸ばすことはできません。

では実際にここでTOEIC Part 5の問題が独学で理解できるのかどうかを見てみましょう。

下記の問題を20秒以内に読んで解けるだけの基礎力と試験テクニックが備わっているか、確認してみてください。

「20秒以内」というのはReading Partの問題を全て終わらせるのには、だいたいこれくらいの速さで問題を解いていく必要があるためです。20秒以内で解くことで、Part5の問題30問を10分以内で終わらせられます。

この英文を細かく品詞分解してすると下記のようになります。

「過去分詞の後置修飾」「”自動詞+前置詞+名詞”は”他動詞+名詞(目的語)”」「前置詞+名詞は形容詞句」というのがこの問題を理解するのに必要な英文法の知識です。

「過去分詞の後置修飾」とはどういったものかより深く見てみましょう。まずは「過去分詞」は品詞としては何になるのかを即答できますか。これは高校2年生で学ぶ「分詞」について知っていれば答えられる内容です。

また、「分詞の後置修飾」と「分詞の前置修飾」がどのように使い分けされているのか整理されていますか。こちらも分詞に関わる基本的な知識です。

こういった英文法に関する解説を完全に理解している人であれば、勉強時間に比例して英語力を伸ばしていけます。

一方、「なんとなく分かる気がする」という漠然とした状態で試験問題を解いているだけでは、いつまで経ってもReading Partの点数は伸びせまん。なんとなくでも伸びるListening Partの点数だけが伸びて、Reading Partの点数は300点の壁、400点の壁を突破することは出来ません。

Listening Partの点数がReading Partの点数よりも100点以上高くなっている人達は、この「なんとなくの感覚」で英文に接してきた人達です。

英語を論理的に理解し、Part5の英文法問題を根拠を持って正確に解けるようになれば、Part6, Part7の長文問題も解けるようになります。

大学入試レベルの英文法の知識は必須知識

Part5の問題解説を理解できる前提条件が「5文型、時制、受動態、不定詞の3用法、不定詞と動名詞の使い分け、分詞(現在分詞・過去分詞の区別、分詞構文、独立分詞構文)、仮定法過去・仮定法過去完了・仮定法未来、比較、倒置、強調」といった高校英文法について一通りの知識があることです。

ここに書いた英文法に関しての知識が不足している場合、Reading Part 300点を獲得できる中級者以上にはなれません。

実際に例として、高校1年生が学ぶ5文型を見てみましょう。この参考書は「高校英文法習得・復習クラス」で使用している参考書です。

(画像に登場する英文)

She makes me happy.

We call her a superstar.

第5文型でSVOC構文です。この場合、O(目的語)とC(補語)にはNEXUSの関係が有ります。

「NEXUSって何?」と思った方は要注意です。NEXUSという用語が分からない場合は「OとCがどういった関係で成り立っているのか」を完全に理解出来ていない可能性が高いです。

Part5の英文が理解出来ない場合には、高校で学ぶ英文法の知識が欠けている可能性が高いので、高校英文法からの学び直しをしましょう。

最終的には下記画像にあるような大学入試レベルの英文も問題なく読めるようになる必要があります。下記の英文が理解出来るのが目指すべきゴールです。

この英文は関係副詞の知識を確認するための英文です。この水準の英文読解が出来るのであれば、TOEIC LR試験の英文法解説で理解が出来ない箇所は無くなります。

なぜ大学入試の参考書を使用するのか

TOEIC試験の点数を上げるために、なぜあえて一見すると関係なさそうな大学入試の参考書をハルヨンのレッスンで使用するかと言うと、TOEIC 試験対策向けの参考書は大学入試の参考書ほど質が高くなく、英文法を体系的に学び直せる参考書が存在しないためです。

大学入試向け参考書は歴史が長く、先ほど例として挙げた入門英文問題精講シリーズであれば40年近くの歴史があります。

一方のTOEIC試験向け参考書に関して言えば、参考書の数はここ何年かでは充実してきましたが、それでも大学入試向け参考書と比較すると、質と量の両方において劣っています。

繰り返しになりますが、現時点において体系的に英文法を学び直せるTOEIC LR 試験の参考書は存在しません。そのため、一見すると遠回りに見えますが、まずは大学入試の参考書で体系的に英文法を学び直す必要があります。

大学入試向け参考書で体系的に英文法の知識を身に着けた上で、TOEIC試験対策の参考書に取り組んで点数を高めていくのが現時点における最適なTOEIC試験の学習戦略になります。 

(こぼれ話)TOEIC LR試験と大学入試試験は相性がかなり良い

日本ではTOEIC LR試験が大人気ですが、その原因の1つとして「大学入試試験との相性の良さ」が挙げられます。

大学入試科目で英語が得意な人達がTOEIC LR試験を受験した場合、まったく試験対策をしていなくても600点~730点といった高得点を取れることは珍しく有りません。

具体的な数字を挙げると、東京大学・京都大学の学生のTOEIC LR試験の平均点は750点前後です。英語が得意な文系学部だけに絞れば800点近くまでその平均点は上がります。

さらに言うと、3~6ヶ月という短期間のTOEIC試験対策をすれば、730~860点という高得点を獲得することも可能です。

TOEIC LR試験対策をしている語学学校や学習アプリで登場する登場する成功パターンは大多数がこのパターンです。「大学入試対策で基礎力は十分。けれどTOEIC試験対策はしたことがない」、こういった人達は3ヶ月程度の短期間の対策でもTOEIC試験の点数を100~200点伸ばせることは可能です。

私が過去に提供していた「3ヶ月でTOEIC200点上げるフィリピン語学留学」で点数を短期間で大きく伸ばした人達もこのパターンが大半です。

一方、現在のハルヨンが設定している学習目標「3ヶ月でTOEIC100点を伸ばせるようになる」に関して言えば、この英語力を短期間で伸ばせる人達と同じ前提条件、「高校で学ぶ英文法・英文読解を十分に理解している状態」に到達してもらうことです。ここまで到達すれば、TOEIC LR試験の点数は後は試験対策をすればすぐに伸ばせるようになりますので。

逆を言うと、大学入試時に英文法・英文読解の学習をそれほど行っていない場合、1日3時間程度の学習を3ヶ月続けたくらいでは、3ヶ月で100点以上の点数を伸ばすのはかなり難しいと言えます。

短期間でTOEIC LR試験の点数を伸ばせる人はこういう人

私が以前に学習カリキュラムを監修していたフィリピン留学の語学学校(souspeak.com)においても、3ヶ月で200点以上の点数を伸ばすことが出来たのは下記のパターンが多かったです。

(留学前)合計450点、L 225 R 225 ※平均的な大学生の英語力です。

(留学後)…3ヶ月(750時間の学習)の留学で、合計650点、L 370点 R 280点

Listening Partの点数を伸ばすのは、Reading Partの点数を伸ばすのと比べて圧倒的に易しいため、短期間でスコアアップを狙う場合、このようにListening Part重視で伸ばすのが楽です。

難点としては「留学開始時点で英文法・英文読解の基礎知識が有り、Reading Partの点数が一定以上(最低225点)はないと、Listening Partの点数を短期間で伸ばせない」ということです。

海外に行ってもそれだけで英語力が飛躍的に上がるということはないので、日本国内にいる間に英文法・英文読解の基礎固めを終えておく必要性を私はずっとずっと感じていました。

参考までに短期間でTOEICスコアを伸ばせない人のスコア配分は下記になります。

(留学前)合計450点、L 300点 R 150点 

(留学後)…3ヶ月(750時間の学習)の留学で、合計530点、L 350点 R 180点

すでに数ヶ月の語学留学を体験した人、ワーキングホリデーに行っていた人に多いパターンです。

Reading Partの点数を伸ばすのはとても時間がかかるため、TOEICスコアを短期間で伸ばすのは極めて難しいです。こういった点数配分の場合は、語学留学をして海外の語学学校で学ぶよりも、日本国内でハルヨンのように「英文法・英文読解」の学習に力を入れている語学学校で学ぶ方が良いです。

さらに詳しい情報に関して

ハルヨンついてより詳しく知りたい方・受講を希望する方は下記のボタンからオンライン説明会/個別相談会へお申し込み下さい。

Click to listen highlighted text!