中学英文法の学び直しにお勧め参考書…中1英語、中2英語、中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

TOEIC200点、TOEIC300点、英検5級、英検4級といった英語が初級者の方にお勧めの学習方法は「中学英文法を一通り学び直す」ことです。

中学英文法を一通り学び直せば、英語に対するアレルギーが消えます。そして、英語学習の基本を身に付けて、中級者になるための基礎が出来ます。

本記事では「中学英文法を学び直すのにお勧めの参考書」とその「参考書をどうやって使用すれば良いのか」についてまとめています。

※上記の漫画(ガクサン)で紹介されている参考書を使用しての中学英語からの学び直しを検討されている方は、オンラインレッスンで学べるハル英語4技能アカデミー(ハルヨン)の受講を検討下さい。詳細はハルヨンの無料オンライン説明会にてご説明しております。

目次

中学英文法を学べば何ができるようになるか

最初に中学英文法を学び直しを考えられている方へ、中学英文法を学び直すことで到達できる目標を3段階に分けて紹介します。

必要な学習期間の目安も書いていますので、自分はどの目標まで到達したいのかを想像してみてください。

目標1 英語へのアレルギーがなくなる

中学英語を学び直せば、英語や英語学習へのアレルギーがなくなります。

これまでアルファベットや英文を見た瞬間に読み飛ばしていた人でも、読み飛ばすことがなくなります。

最初の目標としては中3英語までの学び直しを設定するのがお勧めです。

中3英語まで学び直せば、英文法についても一通り学べます。その上で英会話スクールを受講すれば、挫折する割合は大きく減らせます。

中学1年生レベルから英語学習をやり直した場合、2-3ヶ月でこの目標(中学英語を一通り学び直す)に到達出来ます。

目標2 海外旅行やマンツーマンレッスンもこなせる

中学英語の先である高校英語まで一通り習得していれば、平均的な日本人よりかなり英語が出来ると言えます。

TOEIC試験だとTOEIC400点前後のスコアに到達できます。

他に出来るようになることとして、25分のマンツーマンの英会話レッスンを日本語を使わずに英語だけで最後までやり遂げることが挙げられます。

海外旅行に行った際にも、最低限のやり取りを英語で出来るようになります。

英語学習が楽しくなってくるのはこの「目標2 高校英語までを一通り学び終える」に到達してからです。

中学1年生レベルから英語学習をやり直した場合、6-10ヶ月でこの目標に到達出来ます。

※本気で詰め込み学習が出来る人だともう少しこの期間は短くすることが出来ます。

目標3 英語を使って仕事が出来る

高校英文法まで終われば、あとはTOEIC LR試験や英検などの資格試験の対策をすれば、英語を使って仕事をする機会も得られます。

履歴書に書いて英語力が評価されるのがTOEIC600点です。そして、英語を使って仕事が出来るのもこのTOEIC600点からです。

またTOEIC600点あれば、英会話レッスンでも文章単位で英語を話せるようになります。

そのため語学留学やワーキングホリデーに行く前に到達しておきたいのがこのTOEIC600点です。

目標2に到達した人で、英語を使って仕事をしたい方や海外に行ってみたい方はこの目標3まで学習を続けましょう。

中学1年生レベルから英語学習をやり直した場合、1年から1年半でこの目標に到達出来ます。

※学習期間は人によって個人差が大きいので、詳細はハルヨンの無料オンライン説明会にてご相談下さい。

ハルヨン式 中学英語から学び直すためのお勧めの中学英文法参考書

最初に中学英文法のやり直す参考書から必要な参考書を紹介します。

ここで紹介する英語参考書はTOEIC200点~TOEIC350点から英語学習を開始することを想定して作成しました。

教材は上から順番に着手していって下さい。

中学英文法、どこから学び直せば良いのか?

中学英文法を学び直す場合、どこから学び直すと良いでしょうか。

英文法の参考書は書店でパラパラと立ち読みして、自分が理解出来る学年の1つ下の学年のものからやり直すのがお勧めです。

中2英語がちょうど良いなと思った人は、中1英語がやり直すと英語学習で挫折する割合が減ります。

これから紹介する「ひとつひとつわかりやすく。」シリーズは、英語が苦手な中学生のために書かれた参考書ですので、学び直す際に最初に取り組む参考書としてお勧めです。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中1英語でひっかかりそうなところでは、下記の “Can I ~ ?” と “Can you ~ ?”の使い分けです。

この2つの使い分けは英会話で最重要の表現です。海外に放り出された場合、最初に学んでおく必要がある表現です。内容が理解できているか確認ください。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 許可と依頼

理解が怪しい場合は中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版から復習されるのがお勧めです。

中1英語なのであまり難しい項目はありませんが、be動詞と一般動詞の区別、否定文・疑問文の作り方、まちがえやすい複数形・過去形の不規則動詞、これら項目の理解があやふやな場合は、中1英語からの復習がお勧めです。

いま英文法の用語を羅列しましたが、こういった用語にアレルギー反応が出た方も本書から学び直されるのがお勧めです。

中2英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中2英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中2英語から徐々に難しくなります。中2英語には高校英語で学ぶ分野も含まれています。

未来形、助動詞、不定詞・動名詞、比較、受け身、現在完了形が中2英語で扱う範囲です。

この中でかならず抑えておく必要があるのは不定詞です。副詞的用法、名詞的用法、形容詞的用法。これら不定詞の3つの用法が全て完全に理解出来ている必要が有ります。

中2英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 不定詞の形容詞的用法

不定詞は高校英語でも重要分野として登場します。理解が怪しい方は中2英語から復習しましょう。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版では一昔前に高校英語で学んだ範囲も含んでいます。

なんと仮定法過去もこの中3英語に含まれています。

中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 仮定法過去

高校英語で学ぶ内容を数多く含んでいるため、高校英語からの学び直しを考えている人も、この中3英語の参考書からやり直した方が良いと私は考えています。

少なくともこの記事を読んでいる人は全員本書、中3英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版に取り組みましょう。

他に難し目の項目としては、現在完了形、不定詞の応用、関係代名詞、使役動詞が本書では取り扱われています。

他にも下記のような知っておきたい英会話の丁寧表現も取り上げられています。

本書で中学英文法の学び直しの参考書紹介は終わりです。

まずは中3英語までの参考書を読むことで、英文法の理解漏れを無くしましょう。

参考書を使用する際の注意点

これら参考書だけでは駄目

最初に注意点を挙げると、この記事で紹介した英文法書を2-3周しても、書かれている英文法について完璧に理解出来るわけではないということです。

本書で基礎知識を身につけて、その上で長文読解・英文読解の参考書を読み込んでいくことで、本書で学んだ高校英文法の知識が定着ていきます。

「同じ英語表現を異なる文脈で7回遭遇してはじめてその英語表現が使えるようになる」と言われています。

区間再生を利用してリスニング音源は徹底的に聴き込む

付属しているCDからリスニング音源を作成して、参考書の中に登場する例文は全て丸暗記するつもりで繰り返しリスニング音源を聴き込みましょう。

ただし、リスニング音源は不要な箇所がとても多いので、スマートフォンアプリを使用して、それら無駄な期間をスキップするようにしましょう。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版だと、下記画像の赤丸で囲んだ範囲が不要な箇所です。

中1英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 赤丸箇所が飛ばされる範囲

高校入試向け・大学入試向け参考書は不要な箇所(冒頭の説明、英文番号の読み上げなど)が多いです。番号の読み上げを聴き続けても英語力は上がらないので、不要な箇所はスキップしましょう。

スマートフォンのアプリを使用して、不要な箇所のスキップ、区間再生をする方法に関しては下記の記事内容を確認下さい。

あわせて読みたい
Audipo…英語のリスニング学習で必ず使用するべき「区間再生」「再生速度の変更」 【「大量のインプット学習」が英語学習には必須。】 英語を読んで、聞けて、話して、書けるようになるためには「大量のインプット学習」が必要です。 ここでいう「大量...

英会話も出来るようになりたい場合のやりこみ目標

このひとつひとつ分かりやすくシリーズは英会話能力を向上させることも狙った教材です。

実際英会話能力も上がると思いますが、それにはかなりやり込む必要があります。

下記の日本語文を参考に、2秒以内に元の英文を再現できるくらいまでやり込めば、英会話も出来るようになります。挑戦してみてください。

※この小テストはオンラインレッスンで学べるハル英語4技能アカデミー(ハルヨン)のレッスンで使用しているものです。この小テストを使用しての学習に興味がある方は、ハルヨンの受講を検討下さい。詳細はハルヨンの無料オンライン説明会にてご説明しております。

中2英語をひとつひとつわかりやすく。改訂版 P078 復習テスト6 (不定詞)

(1-1)

私の妹はサッカーをするのが好きです。

(1-2)

私たちは~について話すことを楽しんだ ロック音楽

(1-3)

なぜMikiは起きたのですが そんなにも早く。

(1-4)

日本史を勉強することは面白い

(2-1)

私はいくつかのDVD(複数)がほしい 観るための。

(2-2)

(未来形・確定)彼女は~を買う 1台のコンピューター ゲーム(複数)を遊ぶための

(3-1)

Amyは何か飲むものがほしい。

(3-2)

あなたは知っていますか どうやってその図書館まで行くのか

(4-1)

私たちはゴミを減らす必要がある

(4-2)

彼女は1人の教師になりたい

(4-3)

私は知らない どうやってこのゲームで遊ぶのか

(4-4)

私の兄はCanadaを訪れた スキーをするために

(4-5)

私たちは~を持っている たくさんの宿題 するべき

(もっとくわしく)

私は嬉しい あなたに会えて

私は悲しかった そのニュースを聞いて

(もっとくわしく 後半)

それは重要です (熟語2単語)お互いを助けること

それは難しかった 私が この質問に答えること

英会話ができるようになるためにもう1つ欠かせないこと

英文法や英単語が理解できていてもそれだけで英会話は出来るようにはなりえません。

学んだ知識は実際使ってみる必要があります。

こういった英会話につなげるための学習法に興味がある方も、良かったらハルヨンの受講を検討下さい。詳細はハルヨンの無料オンライン説明会にてご説明しております。

この記事を書いた人

ハルヨン代表 柴田 @HAL_J

日本にはほとんど全く存在しない「大人が英文法・英文読解を学び直せる場所」という学習方針を中心に据えて、

「TOEIC試験対策をいくらしても点数が伸びない初級者・中級者のための学習カリキュラム」

「Reading Part重視でTOEIC860点(A Level)に到達する。英会話・英作文も出来るようになる学習カリキュラム」

これら2つの学習カリキュラムを実現するレッスンをハルヨンでは提供しています。詳細はトップページをご確認下さい。

さらに詳しい情報に関して

この学習記事はハルヨンでのレッスンを土台にして作成しています。

ハルヨンについてより詳しく知りたい方・受講を希望する方は下記のボタンからオンライン説明会/個別相談会へお申し込み下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はるじぇー (株)ハルヨン 代表取締役

英語学習に関する有益な情報を発信しています。

得意分野は
「中学・高校英文法の学び直し」
「英会話に繋げるTOEIC L&R試験の勉強法」
です。

ツイッターは相互フォローの方針でやっているので、お気軽にフォロー下さい。

目次
閉じる