ハルヨンの受講料金

ハルヨンのレッスン内容や各クラスの紹介については下記記事の内容を確認下さい。

レッスン内容・各クラスの紹介

以下、料金の詳細になります。

ハルヨンの料金(税込)

グループレッスンの料金表

期間 金額(税込み)
12週 16.5万円
24週 31.5万円 ※長期申し込み割引 -1.5万円

ハルヨンの受講は12週間以上から。推奨は24週以上の受講

12週間の受講を通じて、英語学習の基本的な型を身に付けます。

24週間の受講を通じて、英語学習を習慣化します。

料金に含まれるサービス内容

(1)日本人教師によるグループレッスン(1回135分※)を12回(1回/週の頻度)

※TOEIC800点突破クラスのみ150分と15分長くなっています。

135分間のレッスン時間の内訳

60分レッスン +10分小テスト(前回レッスンの復習) +5分の休憩

45分レッスン +10分小テスト(前回レッスンの復習) +5分の予備

+希望者はレッスン終了後に個別に質問可能。

(2)フィリピン人教師による発音矯正のマンツーマンレッスン(1回45分)を3回(1回/月の頻度)

※ハルヨンの日本人教師によるグループレッスンを4週間受講する毎に1回の発音矯正レッスンを付与。

推奨受講期間は24週の受講。

12週間では学習時間は約250時間(≒1日3時間×7日×12週)であるため、それほど英語力は伸びません。どれほど効率よく学習をしても、3ヶ月では3ヶ月分しか英語力は伸びません。

自分自身で英語力の伸びを実感出来るようになるにはさらに英語学習を続ける必要が有ります。そのためにもハルヨンでは標準で24週(約500時間)の受講を推奨しています。

語学学習は時間がかかるものであるため、2~3ヶ月で「時短」ですぐに出来るようになる、というようなことはハルヨンでは言いません。半年(24週)〜2年(96週)は英語学習を継続していただかないと、仕事で使える水準の英語力(TOEIC600以上-800点以上)は身に付かないので、長期の受講を検討下さい。

なお一度に24週の申込みをされる場合には、24週間の申し込み毎に15,000円の割引が適用されます。

36週間以上の長期受講に関して

(注意)最初に申し込みが出来るのは最大で24週間です。

ハルヨンの受講をさらに続けられたいと思われた方は18週の受講が終わった時点で、延長が可能になります。

学習カリキュラムは各クラス1年分準備していますので、仮にですがTOEIC400点で、高校英文法/TOEIC500点突破クラスから受講を開始した場合には、2年間はハルヨンのレッスンを受講可能です。

2年間受講すると、96週受講すると、学習時間は2,016時間になります。TOEIC400点からTOEIC800点まで到達することを高確率で狙えます。

受講料金は約2年(96週)受講する場合、132万円(税込み)になります。

お高い料金ですが、実は格安と言われるフィリピン留学を6ヶ月した場合の費用が約150万円、高価な北米留学ですと約6ヶ月で200-300万円になるので、日本国内で英語学習に特価したサービスを受講する場合は、相対的にかなり安くなっています。

発音矯正レッスンの料金

1. 発音矯正・基礎コース(全10回) 

⇒発音記号を学び、英単語を用いて発音矯正を行います。

マンツーマンレッスン45分×10回=55,000円(税込み)

2. 発音矯正・応用コース(全10回)

⇒フォニックスを学びながら、英会話で頻繁に使用する英文を用いて発音矯正を行います。

マンツーマンレッスン45分×10回=55,000円(税込み)

発音矯正レッスン、ハルヨン受講生割引

ハルヨン受講者には、ご契約月数に応じて無料で受講できる特典が有ります。例えば、ハルヨン12週間受講の場合、3回受講可能。ハルヨン4週間毎に1回分、発音矯正レッスンを無料で受講出来ます。

(料金例1)ハルヨン12週間受講者が発音矯正レッスンを別途申し込みする場合

最初の3回※の発音矯正レッスンが無料。※12週受講する場合、3回分の発音矯正レッスンが無料になります。

発音矯正基礎コースの残り7回分についても受講したい場合には、別途料金(税別35,000円/7回のレッスン追加)が必要になります。

(料金例2)ハルヨン24週間受講者が発音矯正レッスンを別途申し込みする場合

最初の6回※の発音矯正レッスンが無料。※24週受講する場合、6回分の発音矯正レッスンが無料になります。

発音矯正基礎コースの残り4回分についても受講したい場合には、別途料金(税別20,000円/4回のレッスン追加)が必要になります。

ハルヨンが競合企業よりも料金を安く設定している理由

ハルヨンが競合企業よりも料金を安く設定している理由・背景について知りたい方は引き続き下記記事の内容を確認下さい。