Welcome to ハルヨン   Click to listen highlighted text! Welcome to ハルヨン

カリキュラム総責任者

ハルヨンの学習カリキュラム総責任者であり、ハルヨンのレッスンを担当する柴田浩幸、はるじぇー @HAL_J の紹介です。

はるじぇー Twitter @HAL_J, Facebook Hiroyuki Halj Shibata

ハルヨン代表 柴田浩幸 @HAL_J

主な実績と得意なカリキュラム

柴田が作成をするのが得意で、かつすでに実績がある学習カリキュラムの代表的な3例を紹介します。

得意カリキュラム(1) 中学レベルからの学び直し

TOEIC 250点⇒TOEIC 750点、6ヶ月(約1,500時間の学習)で到達、20代男性のYutaさん ※500点アップ
⇒初級者(中学英語)から中上級者(早稲田・慶應義塾大学に一般入試で入れる水準)まで、ListeningとReadingを上げる学習カリキュラム

Yutaさん

初中級レベルから中級者に到達されたハルヨンの受講生のSatoshiさんも同じパターンです。

あわせて読みたい
高校英文法を学び直し、TOEIC Reading Partの点数を175点アップさせ、TOEIC600点を突破したSatoshiさん 名前: Satoshiさん 年齢・職業: 30代、デザイナー ハルヨン受講期間: 36週間 [ハルヨン受講によるTOEIC LR試験の変化] ハルヨン受講前(2019年9月) → ハルヨン受講終...


得意カリキュラム(2) 中級者から上級者への到達

TOEIC 405点⇒TOEIC 915点、6ヶ月(約1,500時間の学習)で到達、20代男性のSさん ※510点アップ
⇒中級者(平均的な大学生)から上級者(東京大学・文系大学院生の平均点)まで、ListeningとReadingを上げる学習カリキュラム

Shotaさん


得意カリキュラム(3) 英会話・英作文が出来るようになる

英会話経験ゼロ⇒3ヶ月(約750時間)でTOEIC(R) Speaking & Writing Tests 350/400点(総得点の9割弱)、30代男性のJunpeiさん(写真は本人の希望により掲載無し)
⇒英会話・英作文を1から指導 ※TOEIC LR試験で800点以上の生徒を想定。

上記3つの事例は柴田 @HAL_J が学習カリキュラムを自ら作成し、実現した成功例になります。

ハルヨンではこの3人の方々に提供した学習カリキュラムの改善版を提供しています。

柴田浩幸 @HAL_J 略歴

ハルヨンの代表(学習カリキュラム作成の総責任者)である柴田 @HAL_J2010年に書籍「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」を出版。5刷26,000部とそれなりに売れたため、英語教育業界に入ることになりました。

2013年~2018年末にはフィリピン・セブ島にて、3ヶ月でTOEIC LR試験の点数を200点以上伸ばせる語学学校サウスピークを創業し、フィリピン留学の学習カリキュラム、レッスンを全て私(柴田 @HAL_J )が独自に創りあげました。

写真は2013年の語学学校サウスピーク開校時のテープカット。

サウスピークでは2,500人以上の留学生に向けて学習カリキュラムを個別に作成し、提供した実績が有ります。監修も加えるとサウスピーク時代には合計5,000人以上の留学生に学習カリキュラムを提供しました。

サウスピークは最盛期には年間1,500人近くの留学生が来ていましたが、私が抜けた後に学習カリキュラムを作成・監修できるメンバーが誰もいないなり、また新型コロナウイルスの影響で全ての校舎を閉鎖し、フィリピン人教師は全員解雇されて、倒産の危機に有ります。すでに再起不能だという噂も聞いています。

現在はハルヨンを通じて、「20歳を過ぎてから英語を学ぼうと決めた人たちへ」「語学学校サウスピーク」の学習カリキュラムで不足していた点、イマイチだった点を改良した、最新の学習カリキュラムとレッスンを提供しています。

(補足)これまで複数名の方から問い合わせがあったので記しますが、柴田 @HAL_J は現在のサウスピークとは一切関係はなく、コロナ禍の2019年3月以降に発生している留学費用返金に関するサウスピークの返金問題に関しては一切関わりが有りません。

ハルヨンが得意とする学習カリキュラムについて

柴田 @HAL_J の学習カリキュラムの特徴

2013年から2018年までのフィリピン留学事業(語学学校サウスピーク)に関わっていた期間、生徒の方々の英語力を上げる学習カリキュラム・レッスンについて考え続けてきました。

他の多くの英語教師、またTOEIC 990点満点の方々が自分自身の英語力アップのために学習してきたのに対して、柴田 @HAL_J は生徒の英語力を上げることばかり考えてきました。そのため初級者、中級者向けに最適な学習教材・学習カリキュラムについて熟知しています。

21週間の留学で、TOEIC650点(L:330,R:320)→940点(L:480,R:460)※290点UPさせてMotomuさん

フィリピン留学を学生向けの学習カリキュラムを作成していた際には、自分自身で2,500人以上の留学生達のために個別学習カリキュラムを作成しました。そして、監修を含めると5,000人以上の学習カリキュラムに関わってきました。そのため、自分1人の成功体験談だけではなく、英語学習者の成功例・失敗例を知り尽くしています。

そしてまた、実際に英語初級者を上級者まで伸ばした実績が数多く有りますので、英語学習については自信を持って指導が出来ます。その方の現状の英語力を見れば、何をどうすれば英語力を伸ばすことが出来るのかを即答できますし、その学習カリキュラムを提示出来ます。

ハルヨンでは自らレッスンを担当

2020年1月からハルヨンで自ら現場に立ってレッスンを行っているため、現在も「最新の英語学習教材でお勧めのものはなにか」「初級者や中級者が苦手とするのはどういった点か、どういう点が理解できないのか」を熟知しています。

他の多くの語学学校や経営者達がフワッとした具体性の無い一般論ばかり提唱しているのに対して、柴田 @HAL_J は限りなく具体的に、極めて高い解像度で英語学習について指導出来ます。

下記は高校英文法上級/TOEIC600点突破クラスで使用している教材に柴田 @HAL_J 自身が書き込みを行ったレッスンノートです。

ハルヨンの1回150分のレッスンのために、通常10-14時間の準備をしています。その準備の一環として上記のレッスンノートも作成しています。

このように経営者自ら最前線に立って、英語学習の指導を行っている点がハルヨンが他の大多数の語学学校とは異なる点です。

他の多くの語学学校では「いったい誰がレッスンを担当するのか」「どの教材を使うのか」「学習カリキュラムの責任者は一体誰なのか」、そういった事を明示出来ていませんが、ハルヨンでは明示できます。

語学学校経営の裏側を少し述べると、レッスン内容や学習カリキュラムに自信のない場合、また頻繁にレッスンを担当する講師たちが辞職している職場ではこういった情報は開示されることなく、「英語学習の専門家が指導します」といった全く具体性のない言葉でお茶を濁されます。

「お茶を濁す」とは、「その場しのぎでいい加減なことをいったり適当なことを言って、取り繕おうとしたり、ごまかしたりすること」を意味する言葉です。英語学習業界ではこれが非常に多いです。

英語参考書選びのプロ

下記の写真はフィリピン留学を6ヶ月した生徒の参考書の総量になりますが、20kgを超えています。これら参考書を全て1冊1冊、柴田が選定しました。

Emiriさん(写真左)。26週間でTOEIC400点(L:200 R:200)→875点(L:430 R:445) ※475点UP

補足すると、英語参考書は年々良いものが出てきているため、この写真に載っている多くの参考書は現在は紹介していません。日本の教材は日々改良されているので、2021年においては2021年の最新版学習カリキュラムをハルヨンでは提供しています。

そして、柴田 @HAL_Jの最新カリキュラムで勉強できるのは、現在はハルヨンしか有りません。

ツイッターでいただいた応援コメント

はるじぇーさんに作ってもらったカリキュラムを元に日本で勉強を続けたらTOEIC315点だったのが745点まで上がったのでこれは本当。
それなりに勉強は必要なので楽して点数アップという訳にはいかないけれど、本人の強い気持ちとはるじぇーさんのカリキュラムがあれば十分可能。

https://twitter.com/frog_62/status/1216709345146109954

有名参考書の著者の先生達との交流も生まれました。

日本で販売されている英語参考書の選定に関わる内に、有名参考書の著者の先生方にもインタビューをする機会を何度もいただきました。

165万部を突破している速読速聴シリーズの松本茂先生。ハルヨンのレッスンでは特に 速読速聴・英単語 Basic 2400 ver.3 でお世話になっています。柴田自身は速読速聴・英単語 Core1900 ver.5のVersion1をやり込んでいたのでインタビューをさせていただいて非常に光栄でした。

シリーズ累計370万部を超える、中学英語をもう一度ひとつひとつわかりやすく。の山田暢彦先生。初級者の学び直し、また初級英会話の英会話参考書でお世話になりました。ハルヨンでも引き続きお世話になります。

また、英会話教材の最初の1冊として、NOBU式トレーニング コンプリートコース 話すための中学英語はとてもお勧めの教材です。

TOEIC LR試験対策の参考書でおなじみのヒロ前田先生。TOEIC LR試験の模擬試験参考書、TOEIC(R) L&Rテスト 究極の模試600問+、Reading Part対策である[新形式問題対応]TOEIC L&R テスト 究極のゼミ Part 7 TOEIC L&R テスト 究極のゼミシリーズの2冊が特にお勧めです。

2015年撮影写真のため画像が小さくなってしまいましたが、安河内哲也先生と。高校英文法・高校英文読解の参考書でお世話になりました。

最近の安河内哲也先生の著書では、英文法の参考書では、安河内の英語をはじめからていねいに【完全版】 (東進ブックス 大学受験 名人の授業シリーズ)。英文読解の参考書では、英語4技能ハイパートレーニング 長文読解(1)超基礎編がそれぞれお勧めです。

さらに詳しい情報に関して

ハルヨンついてより詳しく知りたい方・受講を希望する方は下記のボタンからオンライン説明会/個別相談会へお申し込み下さい。

Click to listen highlighted text!