TOEICスコアに有効期限はある? 履歴書にかける最低スコアもあわせて紹介

近年、就職・転職活動で最近TOEIC LR試験の点数を提出する機会が増えています。

しかし、TOEICスコアには「2年間の有効期限」があると噂されています。本当にそのような期限が存在するのでしょうか。

今回、そのような疑問を解決するためにこの記事を書きました。

この記事では、TOEICスコアの有効期限の有無、正しいTOEICスコアの記載の仕方、TOEICスコア提出のときに気をつけるポイントについて説明していきます。

TOEICのスコアに有効期限はあるの?

世間で噂されている、「TOEICスコアには2年間の有効期限がある」は本当に存在するのでしょうか。なぜこの噂が広まったかも含めてお伝えします。

 

有効期限はありません

TOEICのスコアに有効期限はないのです。実は2010年ごろまでの証明書には有効期限の記載があり、それが2年間でした。これが元となって、有効期限の噂が広まったと考えられます。

しかし、今は特に有効期限の記載はありません。なので、公式認定証を持っていれば、スコアの有効期限なんてありえないのです。どうぞご安心ください。

 

公式認定証の再発行が二年後まで

一度取得したTOEICスコアに有効期限はありませんが、公式認定証の再発行は取得から2年後までとなっています。紛らわしいですね(笑)。勘違いが起きても不思議ではないです。

そして注意が必要なのが、この2年間という期間が「試験日から2年間」ということです。公式認定証を受け取ってから2年ではないので、要注意です。

 

公式認定証は大切に保管しましょう

就職・転職活動で企業にTOEICスコアを提出する際、公式認定証やの原本・コピーの提出が求められる場合もあります。

多くの企業は自己申告だけで問題ないですが、企業によってはそのようなケースもあります。なぜ公式認定証を提出する必要があるかというと、下記のようなことをする人がいるためです。

仮にTOEIC LR試験の点数を捏造して内定出来ても、内定式や入社式でTOEIC試験(IP試験)を受験させられた場合、すぐに捏造がバレてしまいます。そもそも英語面接をしたら一発で英語が出来ないが分かりますし。

企業から提出を求められる場合もあるので、TOEICの公式認定証は大切に保管して、提出を求められたときに備えましょう。現在であればスキャンか写真撮影してクラウドに保存しておきましょう。

TOEIC LR試験で努力して獲得した高得点は貴重な成功体験であり、さまざまな場面で活用できる資格です。

 

TOEICスコアの正しい書き方

TOEICスコアを履歴書に書いて、英語力をアピールすることができます。

最近では就活や転職・昇進試験でTOEICが評価されることが多く、年々受検者が伸びています。

ほとんどの受検者がTOEIC Listening & Reading を受検しますが、他にもいくつか種類が存在します。

これが意外と知られていないんです。

4種類あるTOEIC試験

  • TOEIC Bridge ※初級者向けのTOEIC
  • TOEIC Listening & Reading ※みなさんがよく知っているTOEIC試験
  • TOEIC Speaking & Writing ※受験者が少ないSW試験
  • TOEIC Speaking ※短時間(20分)で受けられる試験

 

また、履歴書の資格欄に記載するとき、書き方がわからないと悩む就活生・社会人もいるのではないでしょうか。TOEICスコアを記載するときは、以下の情報を必ず記載してください。

履歴書に書くべき情報

  • 点数の取得日(受験した試験日)
  • TOEICの種類
  • 点数

 

差別化したいのであれば TOEIC1,100点超えを目指す

TOEIC LR試験 800点だけでは目立たないということであれば、TOEIC LR試験とTOEIC SW試験を組み合わせると良いです。

そうすると合計得点はTOEIC LR 990点+TOEIC SW 400点=合計1,390点になります。

仮にですが、LR 860点 に加えて SW 320点 であれば、合計1,180点になります。また、同時にSWの点数も示すことで、英語が話せて、書けることも証明出来ます。2020年時点においては相当目立つ点数であるため、英語力を武器にしたい学生はSW試験の受験も視野に入れましょう。

 

5年後、10年後を目指すのであれば、SWも視野に入れる

お隣の韓国ではTOEIC LR試験 900点はもはや一般的であるため、むしろ重視されているのS、Speakingの点数です。Sだけであれば、20分で受けられる短時間試験でもあるので、企業側も英会話が出来る学生を選抜するのに重宝しています。

なぜTOEIC(R) Speaking試験を重視するのかというと、Speaking試験だけで他の3技能(聞く・読む・書く)の能力をおおよそ推測出来るためです。

Speaking試験だけで他の3技能(聞く・読む・書く)が推し量れる背景

  • 英作文が出来ないと英会話は出来ない。
  • 英文読解が出来ないと英作文は出来ない。
  • リスニングが出来なければ、Speaking試験の問題が聞き取れないし、最初に朗読問題もまともに解けない

韓国企業はこのように合理的に考えています。

TOEIC LR試験で目標点に到達した人はTOEIC SW試験の受験も将来を見据えて受験されてはいかがでしょうか。

最初の一冊としては下記の1冊がお勧めです。

TOEIC(R) スピーキングテスト究極のゼミ–本物のスピーキング力養成と確実なスコアアップを実現! 究極のゼミシリーズ

 

Speaking試験対策の学習方法は下記の記事を参考にして下さい。Audipoの区間再生と再生速度の変更がSpeaking試験対策には知っておくべき必須の機能になります。

TOEIC600点未満の方々向け 座学学習・定着学習(黙読・リスニング・音読)の学習方法まとめ

TOEICスコア提出のとき、気をつけるポイント

TOEIC試験の有効期限と種類についてはわかりました。

次は、実際にTOEICスコアを提出するときに気をつけるポイントをご紹介します。TOEICのスコアによってはマイナスの印象を当ててしまう可能性もあります。

 

公式認定証とスコアレポートの違い

TOEICの結果には公式認定証とスコアレポートの2つが存在しているのをご存知でしょうか?

公式認定証は公式テストを受検した場合、スコアレポートはIPテストを受検した場合の結果を意味します。

IPテストとは、学校や企業で受ける団体試験で、内容はまったく変わりませんが、公開テストの過去問を再利用しています。また、海外で受験するTOEIC LR試験も基本的にこのIP試験になります。

なかには、公式認定証のみを参考にするという学校・企業もあるので、迷ったら公開テストを受検して公式認定証を発行することをオススメします。過去においては大学を進級するにあたって、海外で受験したTOEIC IP試験の点数を提出したらそれが認められなかったという事例も有りました。

 

IPテストを受ける場合、スコアレポートの再発行期限が公式認定証と異なるので、要注意です。再発行期限のスタートが違います。

解答用紙を採点した年度の翌年度4月1日から2年間」なんです。またまた、紛らわしい(笑)!

くれぐれも公式認定証間違えないようにしましょう。

 

企業によっては取得期間に指定がある

そのため、直近2年以内に取ったスコアを提出しましょう。それ以前のスコアしかない場合はTOEICの再受検をお勧めします。なぜなら、企業によっては2年以内に取得などの条件があるからです。

なぜ企業は取得期間を指定するのでしょうか。それは英語力は継続的に勉強しないとどんどん衰えるからです。

もちろん、英語圏で英語を使って仕事や勉強をしていれば問題ないでしょう。しかしそうでない場合、古いTOEICスコアを提示しても、現在もその英語力をキープしていると証明はできません。

一度TOEIC800点を獲得しても、2-3年間全く英語に触れない生活を送っていれば、TOEIC600点前後にまで点数は下落します。

そしてまた、本人の英語力劣化だけでなく、TOEIC LR試験の年々難化する傾向があるため、英語学習を継続させていない人の場合の点数は当てにならないです。

例えば10年前にTOEIC900点を獲得していても、いま現在再度測定したら730点前後だったという事例も私は直接見聞きしています。2016年5月からTOEIC LR試験の形式は変更されましたが、それすら知らない英語学習者の英語力はかなり低下していることが推測されます。

このような事情があるため、TOEIC試験の点数に関して取得期間を設けている企業があるのです。

お勧めなのは、定期的にTOEICを受検することです。少なくとも1年に1回は受験しましょう。定期的に受検することで、英語学習のモチベーションを維持して、英語力をさらに向上させましょう。

 

履歴書に書ける点数

TOEIC LR試験の点数次第では、逆に評価を下げてしまう場合があります。あまりに低いスコアでしたら、記載しないほうがいいでしょう。

では、何点以上だったら記載できるのでしょうか。目安になるのは「過去3年間の内定者受験者数推移と平均スコア※」です。※TOEIC® Listening & Reading Test 公式データ・資料より

544点、539点、538点と平均点が推移しています。この点数帯だと可も不可もなしです。少なくとも頭1つ抜けられるTOEIC600点以上の得点が履歴書に書いて評価される点数です。

そのためTOEIC600点未満の点数を取得している場合には、履歴書に書かない方が無難です。なぜ履歴書に記載しないほうがいいのでしょうか。それはTOEIC600点が英語力を評価される最低ラインだと言われているためです。

英語活用実態調査 企業・団体 ビジネスパーソン 2019年度を見てみると、TOEIC L&R試験の点数帯毎にどのような業務ができるのかがまとまっていました。

(上記画像の右項目より)

TOEIC L&R試験スコア帯別にみると、「800点以上」は「海外赴任できる」を、「600-800点未満」は「取引先/海外支店とメールでやり取りが出来る」を、「600点未満」は「挨拶ができる」を、現在の英語力に最も近いスキルだと回答した。

TOEIC600点以上になって始めて、メールでのやり取りという、受動的ではありますが、英語で仕事を行うことが出来ると企業で働く人達は判断しています。

 

TOEIC600点の人は、一般的に以下のことができるといわれています。

TOEIC600点で出来ること

  • 英語で買い物や食事のオーダーができる
  • 簡単な英語の本が読める
  • 海外旅行に行って、一人でも楽しめる

 

つまり、TOEIC600点は最低限のコミュニケーションができることを意味します。

そしてまた、TOEIC600点は何も勉強してない人が取得できる点数ではないです。それなりに勉強してきた人でないと取得できません。つまりTOEIC600点を取得していることは、一定量の努力ができるという証明にもなるわけです。

なお、企業で求められる点数は異なるので、企業ごとに確認が必要です。一般的な外資系企業の足切りでTOEIC700点、人気のある商社・外資系企業ではTOEIC800点と言われています。

 

以上のことを考えると、TOEIC600点未満のスコアは記載しない方が良いです。それでは他の大多数の社員と変わらぬ点数であるため、評価されませんので。

現時点でTOEIC試験の点数が低い場合は、勉強してスコアを上げてから記載するようにしましょう。

英語学習を始めた当初は大変ですが、ある程度慣れると英語を少しずつ理解できてきます。映画のセリフがわかったり、英語の文章が読めたり。そうすれば、英語の勉強が苦じゃなくなっていきます。英語を身につけた時の自分を想像することもできるようになります。

 

ご自身の理想にどのくらいスコアが必要かわかると、勉強しやすいのではないしょうか。理想に近づけるように、継続して努力することを楽しみながら英語を身につけていきましょう。

TOEIC LR試験の点数を上げるための対策記事

中級者の入り口であるTOEIC500点と上級者の入り口であるTOEIC800点の獲得方法について下記にまとめています。

引き続き下記記事に読み進めて下さい。

※他の点数の記事も、作成次第に順次追加していきます。