TOEICで必要な英単語について|TOEICに欠かせない単語力まとめ

英語学習者の皆さん、こんにちは。

本記事では、TOEIC L&R試験と単語力・語彙数の関係についてご紹介いたします。初級・中級・上級の各レベルでどれくらいの英単語を身につける必要があるのか、参考にしてくださいね。

目次

TOEIC 各スコアレベルの英語力とは

TOEIC L&R試験スコアと英語力との関係の、大まかな目安を表にまとめました。参考にしてみてくださいね。

最低限必要なTOEIC スコア 可能なこと 備考
500点 初歩的な日常会話や自己紹介 少しずつ会話が可能になり、英語学習自体も楽しくなってくる段階。
裏を返せばTOEIC 500点以下の場合、道を尋ねたり簡単な挨拶程度の会話をするのにも困ります。500点以下の人の場合は英語を見ること自体がかなり苦痛でしょう
600点 ・ワーキングホリデー
・海外就職(アジア就職)
・海外旅行(世界一周など)
・ワーキングホリデーに行く人が最低限取得しておきたい点数です。
・海外就職をする上で望ましい水準は800点以上ですが、最低限の水準は600点です。600点以下だとコミュニケーションが上手くいきません。また、履歴書に書ける最低レベルの点数です。600点以下は履歴書に点数を書かない方が無難です。
・自己紹介以外の会話ができるために必要な最低限の水準ですので、海外旅行や世界一周旅行を楽しむために必要な水準です。
700点 外資系企業の足切り水準 外資系企業で働きたい人は最低限TOEIC 700点以上のスコアがないと、履歴書の段階で落とされることがあります。
800点 就職活動で武器として使える 転職活動で英語を自分の強みとして積極的に利用できる点数。
また、友好的交渉であればネイティブと行なうことも可能な水準です。
900点 アメリカなどで仕事をする上での最低水準

TOEIC 各レベルで求められる語彙数|TOEIC スコア英単語

サウスピークは2018年11月に校内で「語彙数調査」と「速読調査」を行い、次のような結果を得ました。

【TOEIC スコアと語彙数】

TOEIC スコア 語彙数(語)
300点以下 1,729
400点台 2,494
500点台 3,195
600点台 3,640
700点台 5,040
800点以上 5,367

【TOEIC スコアと速読データ】

リーディングスコア (点) 平均速読文字数/分(語)
100-200 77
200-300 103
300-400 129
400-490  144

 

単語の効率的な覚え方|エビングハウスの忘却曲線

英単語に限らず、人間は基本的に覚えたことをすぐ忘れてしまうものです。そこで大切なのが「記憶すること」→「記憶を貯めること」→「思い出すこと」の3ステップです。

ドイツの心理学者エビングハウスは、「自分に馴染みの全くない無意味な音節を記憶し、時間が経過した後、「どれくらいの難易度で思い出すことができるか」を調べました。そしてその結果から、「最初に覚えてから時間が経てば経つほど、思い出すことに手間・時間がかかる」という事がわかりました。

つまり出来るだけ早いタイミングで英単語を復習をすると、より負担が少なく・早く暗記することができるのです

また彼は同様に、無意味な音節の数(N)と必要な朗読回数(n)の因果関係も研究しました。

この研究から、朗読回数(n)が多ければ多いほど暗記できる音節(N)の数も多くなっていることが分かっています。

つまり「同じものを反復的に学習することで、多くの英単語を暗記できる」ということです。

  • できるだけ早い時期での復習
  • 高い頻度の反復学習

この2つが英単語を記憶し、定着させる上で重要です。

では、この2つをふまえた英単語暗記法のコツをご紹介しましょう。

多くの英単語に一定期間繰り返して触れる

「毎日1時間1単語ずつ完璧に覚えよう!」

「毎日1つ新しい単語を覚えていけば、いずれ単語帳を終えられるはず・・・」

このように単語を覚えている方はいませんか?「一つの英単語にどれだけ時間をかけたか」ではなく、「一定の期間でその英単語にどれだけ触れたか」が大切になります。

例)1日300個の単語に触れる→同じ300語を1週間繰り返して触れる。
×)1時間かけて1単語を覚える→毎日新しい単語を1時間かけて覚えるを繰り返す

日本語訳を覚えるのではなく、単語のイメージを映像化する

単語ごとに意味を頭の中でイメージ化(映像化)することが大切になります。英単語を日本語対訳でがちがちに固めるのではなく、イメージで覚えることで、ニュアンスを掴むことができますし、複数の意味を持っている単語もその大まかな意味がつかめます。

これは、似た意味の単語を区別して覚えたい時にも便利です。例えば“road” と“street”の場合、画像検索すると以下のような結果が出ます。

“road”は「道路」といったイメージでしょうか。画像検索の結果を見るに、“road”は車が走るような道幅の広い道路や、山沿いの道路など、人が行き交うというよりも車が走る場所といった印象を受けますね。

“street”で検索すると、街中の人通りが多い場所の写真がでてきます。建物などの間を縫うように通っているのが“street”のようです。「通り」といった印象を受けます。

このように使い分けが難しく、意味の違いがいまいちよくわからないという単語は、画像検索などを駆使してイメージで覚えてみましょう!

音読学習を取り入れることによってより効果的に

音読している際の口の運動は構音リハーサル(情報処理のこと)といって、運動の記憶として保存されます。また口を動かし、自分の声を自分の耳で聞くとき、音韻ループと呼ばれる脳の機能が刺激され、音の記憶に保存されます。

英語を思い出す際も、ただ知識・情報として引き出すのではなく、口と音のイメージが密接に結びついたカタチで思い出すことができるので、音読学習によって得た知識は定着しやすいと考えられるのです。

 

会話や英作文の際に、とりあえず “very” を使っていませんか?

最もよく使われる単語の1つであろうこの “very” を封印して “very + 形容詞” を別の形容詞で言い表そう!という提案がなされているのが本記事です。 例えば “very short” は “brief” と言い換えることができ “very fast” は “rapid” と表現することができます。

“very” を使わないという制限は、“very” ヘビーユーザーの方は特に重い負荷であるはずです。ですが、このような制限を設けなければなかなか新しい単語を定着させることは難しいでしょう。はじめこそ単語が出てこなかったり発音に自信がなかったりと、もどかしい思いをすることがあると思いますが、大きな成果を得るために負荷をかけていきましょう。

語彙力も同様ですが、英語力を伸ばし続けるには長期の継続学習が前提になります。一般的に、TOEIC L&R試験の点数を100点伸ばすとなると最低でも200時間は必要です。1日3時間勉強するとして、最低2ヶ月は必要になります。

英語学習は成果が出るまで時間のかかるものですから、じっくりと取り組みましょう。

 

【TOEIC L&R試験 スコア200点上げるために必要な勉強時間】
200点から400点 ⇒  1,000〜1,200時間
300点から500点 ⇒  750〜900時間
400点から600点 ⇒  500〜600時間
500点から700点 ⇒  500〜600時間
600点から800点 ⇒  750〜900時間
700点から900点 ⇒  1,000〜1,200時間

これはTOEIC L&R試験で、点数を200点上げるために必要な時間をまとめた表です。例えばTOEIC スコア400点から600点にスコアアップするには500〜600時間、700点から900点にスコアアップするには1,000〜1,200時間前後の英語学習が必要となります。個人によって差はありますが、ぜひ学習時間の目安としてみてくださいね。

単語力UPは1日では成し遂げられません。語彙力増強を目指すなら英語学習の習慣を身につけましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はるじぇー (株)ハルヨン 代表取締役

英語学習に関する有益な情報を発信しています。

得意分野は
「中学・高校英文法の学び直し」
「英会話に繋げるTOEIC L&R試験の勉強法」
です。

ツイッターは相互フォローの方針でやっているので、お気軽にフォロー下さい。

目次
閉じる