ハルヨン・初回オリエンテーション 全クラス共通資料

レッスン受講のための準備

最初にハルヨンのオンラインレッスンを受講にするにあたって必要となる準備についてお知らせします。

 

ZOOMのURL ハルヨン・レッスン受講について

メールに記載されているURLを確認下さい。

ZOOM URL(参加用URL):★(注意)こちらはメール文面に記載されているURLを確認下さい。

 

(レッスン開始時刻に関する補足・注意)

  • ZOOMはレッスン開始10分前に開始します。
  • 定刻からレッスンを開始出来るように、レッスン開始時刻の5分前までに生徒の方々はZOOMに入室下さい。

 

オンラインレッスン・受講時の注意

ハルヨンのレッスン風景。ZOOMとiPadを使用してレッスンを行っています。

 

オンラインレッスンは自宅で、周りの人達に邪魔されない環境で受講されることをお勧めします。

一方、「小さな画面のスマートフォンで」「周りに人が多くいて、雑音がする環境」での受講はお勧めしません。レッスン参加に支障が出る可能性が有ります。

 

基本的な注意事項

  • Google Slideを使用してレッスンを行います。レッスンの受講はノートパソコン以上のディスプレイサイズ(12インチ以上)で受講してください。
  •  ウェブカメラをオンにしてください。⇒生徒の方々の表情を観ながらレッスンを行いますので、カメラは必ずオンにしてください。
    また、今後は生徒同士のペアワークも導入していきますので、そこでもカメラは必要になります。
  •  周りに雑音のない環境で受講下さい。⇒ペアワーク時に雑音が邪魔になって、レッスンを満足に受けられない可能性が有ります。
  •  イヤホン・ヘッドホンをつけてください。※より高価な会議用スピーカーホンなどを使用出来る方はそちらでも大丈夫です。
  • ZOOM 動作確認に関してについて事前にテスト下さい。⇒参考:ZOOMの動作確認方法(テスト方法)は次の記事、ミーティングに参加する前にテストするにはどうすればよいですか?を確認下さい。その上で、ヘッドセットが使用できるかを事前に上記ページを参考に動作確認をお願いします。

 

【2回目以降のレッスンにて・ブレイクアウトルーム機能】

レッスン冒頭の小テストではブレイクアウトルーム機能を使用しますので、事前に下記ページにてブレイクアウトルームについて確認をお願いします。

ブレイクアウトルーム入門

なお、ブレイクアウトルームを使用した際には、生徒同士で小テストを実施していただくことになるため、レッスン終了後に送付する小テストのpdfファイルを開ける状態に準備しておいて下さい。

そして、pdfファイルを開いた後に、「画面共有」機能を使ってお互いの画面に表示いただきます。画面共有については下記ページ内容を事前に確認下さい。

画面を共有

小テスト用のpdfファイルは毎回レッスン終了後の翌営業日にメールで送付しております。

上記内容を初回オンラインレッスン開始までにご確認宜しくお願いします。

 

お勧めのヘッドセット

【注意】現在新型コロナウイルスの影響で入手が困難になっている恐れが有ります。

イヤホンでのオンライン説明会の受講は可能ですが、ハルヨンのレッスンが始まりましたらヘッドセットを使用してレッスンを受講いただきます。

より高価な会議用スピーカーが有る方はヘッドセットではなく、そちらでも大丈夫です。

 

※ヘッドセットはUSB接続のものの方がノイズが少ないようです。

iBUFFALO 両耳ヘッドバンド式ヘッドセット USB接続/折りたたみタイプ ブラック BSHSUH13BK

ロジクール ヘッドセット H111r ステレオ 3.5mm接続 ノイズキャンセリング ヘッドフォン

サンワサプライ USBヘッドセット/ヘッドホン ホワイト MM-HSUSB16W

 

会議用スピーカーフォン

レッスン受講時に周りで雑音がしない方はこちらでも大丈夫です。

Anker PowerConf, スピーカーフォン 会議用

 

ハルヨンが提供する教育サービス

1日3時間の学習、

12週間で約252時間、

24週間で約540時間、

36週間で810時間、

48週間で1,080時間、

上記の勉強をやり遂げるための伴走サポートします。

 

ハルヨン・レッスンでのサポート

ハルヨンではこの目標に到達するために、英語学習を効率的に、かつ無理・無駄・ムラなく学習するためのサポートしていきます。

ハルヨン・レッスンでは「英文法・品詞分解の解説」「正しい英語学習法の型の習得」の2つを重視しています。

 

「英文法・品詞分解の解説」

 

上記の書き込み+レッスン中の教師の解説を踏まえた上で、品詞分解が理解出来用になっていただきます。

また、上記の英文を見れば分かりますが、insect”s”, butterfl”ies”, dragonfl”ies”というように複数形のsを○で囲んでいます。これは普通の日本人がうまく使いなせない箇所であるため、特に目立たせるために○印をつけています。

他にも、数量表現で単数形の a, an の表現、冠詞のthe、時制など、これらが適切に区別できるようになってもらうための英文解説をレッスン中に行います。

⇒TOEIC LR試験のReading Part 400点以上に到達するのがハルヨンの卒業目標です。ハルヨンの学習カリキュラムは英文法、品詞分解、英文読解を最重要視しています。

一方で、他の多くの語学学校ではListening Partで点数を上げて、見かけの点数を上げることを重視しています。ハルヨンはReading Part対策重視であるため、短期的に英語力を上げるのではなく、中長期で英語力を上げていきます。

 

「正しい英語学習法の型の習得」

レッスンの冒頭に特に重要な英文を選んだ上で、黙読10回、リスニング10回、音読10回を行い、小テストのスライドを使用して暗唱が出来るのかを確認致します。

これが自習学習の基本的な型となるため、毎レッスンの冒頭に毎回行います。時間は多少かかりますが、英語学習の型が逸脱しないように毎回行います。

 

2つ目以降の英文暗唱に関しては「黙読1分、リスニング5回、2分間の音読の暗唱」を行ってもらいます。レッスン時間の関係から簡易版となっています。

ここで挙げる注意点としては、レッスン時間外の自習学習時には冒頭に行う学習手順では、黙読10回、リスニング10回、音読10回を行い、小テストのスライドを使用して暗唱が出来るのかを確認、というレッスン冒頭に行う手順の方を参考に、自分なりにやりやすい勉強の型を確立していて下さい。

※【注意】定着学習の目安の回数は「黙読10回+リスニング20回+音読10回」を2周する、というくらいの回数を最低限行う必要が有ります。

 

初回レッスンの終了後

レッスンで解説を聞いた英文記事を自分自身の座学学習でも復習をして下さい。レッスン終了後すぐに、もしくは翌日の朝の学習で座学学習を行って下さい。

その座学学習を踏まえた上で、リスニング・音読学習を行って下さい。

なお、小テストのスライドは黙読・リスニング・音読の定着学習が終わってから確認して下さい。最初から小テストのスライドを確認すると本末転倒です。詳細は毎レッスン冒頭で行う学習手順の確認を通じて、習得していってください。

 

ハルヨンにおける英語学習の手順を確認 

TOEIC600点未満の方々向け 座学学習・定着学習(黙読・リスニング・音読)の学習方法まとめ

上記記事中のハルヨン・勉強習慣確立チェックリスト」に書かれている学習手順を確認下さい。

また、Audipoの使用方法に習熟する。を確認の上で、一度ご自身でAudipoを操作してみて下さい。最初はよく分からないかもしれませんが、3日もあれば使いこなせるようになります。よく分からない場合には、ハルヨンレッスン後に使い方をサポート致します。

 

Facebookグループへの加入

柴田 @HAL_J のFacebook

上記まで友人リクエストを行って下さい。そうしましたら、その後にハルヨンのFacebookに参加可能になります。

Facebook内では下記のことを行っています。

(1)レッスンでよく分からなかった内容への質問

(2)メールに載せるまでもない細かい連絡、レッスンに関連した参考記事の紹介

(3)小テストスライドの修正・指摘

 

欠席・休校に関するルール

下記リンク先の記事内容を確認下さい。

ハルヨンのルール