英語の品格 実践編 小テスト

ハルヨンのレッスンで使用している【例文音声DL付】英語の品格 実践編の小テストです。

Chapter1 挨拶や決り文句

01 知り合いに挨拶をする

Basic

またお会いできて嬉しいです。

N

Intermediate

これは良いです あなたに会えて 再び。

お元気ですか。

It’s

How

Advanced

(熟語4単語)お久しぶりです。

(熟語4単語)(現在完了形)お元気でしたか。

L

How h

02 初めて実際に会って挨拶をする

Basic

私の名前はYumikoです。

(熟語5単語)やっとお会いできて嬉しいです。

My

Nice

Intermediate

私はYumikoです。

私はとても嬉しいです ついにあなたに会えて (熟語2単語)直接に

I’m

I’m so

Advanced

私はYumikoです。

私はとても嬉しいです ついに (熟語5単語)1つの顔とその名前を一致させられて

I’m 

I’m so

03 新担当者として自己紹介をする

Basic

私はあなたの新しいアカウントマネージャーです。

(未来形・意志)(熟語3単語)私は私の最善を尽くします ~をサポートするために あなたの会社。

I am y

I will 

Intermediate

私がその新しいアカウントマネージャーです ~のための あなたの会社。

(未来形・意志)私は~を使います 私の長い経験 あなたに提供するために 良いサービスを

I’m the

I will

★Advanced

(現在完了形+受動態)私は~として任命された その新しいアカウントの代理人 ~のために あなたの会社。

(熟語4単語)私は有益なことを提供します(運びます その机まで) 多くの年(複数) ~の 経験 ~の中の この産業

(熟語4単語)私は~を続けることを楽しみにしています その仕事 ~の 私の前任者 そして 提供することを あなたに その最高品質のサービスを

I have

I bring

I’m l

04 プレゼントを渡す

Basic

どうか受け取って下さい この贈り物を

Please a

Intermediate

私は望む あなたがこれを楽しむことを

これは~からのものです 私の故郷

I h

It’s

★Advanced

これは~です ほんの 1つの小さな記念品 ~の 私の感謝 ~に対する 全てのあなたの助け 今年。

これは1つの伝統的な甘いもの ~からの 私の故郷

This is j

It’s a t

05 別れ際に挨拶をする

Basic

ありがとうございます 全てに対して

私は~することを望む あなたに会うこと 再び

Thank 

I h

Intermediate

大変感謝します ~に対して 全てのあなたの助け ~の間 私の滞在。

私は望む (that節) 私達が会えることを 再び いつか すぐに

Thanks

I h

★Advanced

私は本当に~に感謝します 全てのあなたのサポート そして 支援 ~の間 (3単語)先週。

私は望む (that節) (未来形・推測95-100%)私達の道(複数)が交差する 再び すぐに

I r

I h

06 体調を気づかう

Basic

私は望む (that省略) (熟語2単語)あなたの具合が良くなる すぐに

I hope

Intermediate

(熟語3単語)私は~を聞いてとても気の毒に思う (that省略) (進行形)あなたが気分が良くない

私は望む (that省略) (熟語2単語)あなたの具合が良くなる すぐに

I’m s

I hope

Advanced

(熟語3単語)私は~を聞いてとても気の毒に思う (that省略) (熟語3単語)あなたは具合が良くない(~の下 その天気)

(第4文型)祈っている あなたに 1つの速やかな回復があるように

I’m so s

W

Chapter2 情報を引き出す・確認する

07 都合の良い日時を聞く(1)

Basic

(丁寧・仮定法過去)いつが1つの良い時間ですか あなたが 話すために

When w

Intermediate

(使役, l始まり)どうか私に知らせて下さい (丁寧・仮定法過去)いつが具合良く行くのか 最も あなたが 話すために

Please l

★Advanced

話しましょう いつか 来週に。

(可能性の低い推量, 35%前後, m始まり)いつがその最も都合の良い時間ですか あなたが 話すために

通常、朝(複数)が具合良く行く 私にとっては

Le

When m

G

08 都合の良い日時を聞く(2)

Basic

(丁寧)私はあなたの助けがほしいです 何かに関して

いつ あなたは時間を持っていますか

I w

When do

Intermediate

私は~を必要としている あなたの支援(a始まり)(を) ~に対して 1つの計画

(丁寧・仮定法過去)いつが都合が良いですか あなたが 会うのに

I need

When w

★Advanced

(進行形)(熟語2単語)私は~に取り組んでいる 何か (関係代名詞that) 私が考える ~から利益を得るであろう あなたの情報提供

~を見つけましょう 1つの相互に都合の良い時間(を) 会って そして 話すために それについて。

(可能性の低い推量, 35%前後, m始まり)いつあなたは手が空いていますか

I’m w

Let’s f

When m

09 いつから作業できるか聞く

Basic

いつあなたは始められますか

When

Intermediate

いつ あなたは考えますか (未来形・推測95-100%)あなたは~を出来るようになる (熟語2単語)行動に移る

When do

Advanced

(熟語3単語)私達は始めたいと思っています 急いで。

いつあなたは~が出来るようになると予想していますか ~を始める(b始まり) 作業(を) これに関して

We’re e

When do

10 理由を問う

Basic

どうか説明して なぜか

Please 

Intermediate

(第4文型)もっと私に教えてくれますか ~について その理由 あれに対する

Can you t

Advanced

私は~を聞いて驚いた あれ(を)

(丁寧)私は~を理解したい その理由 あれに対する

(とても丁寧)どうか教えてくれますか 私に なぜか

I’m

I’d

Co

11 詳しい情報を引き出す

Basic

(丁寧)(熟語3単語)私は~を聞きたい さらなる詳細(を)

I w

Intermediate

(関係代名詞)あなたが ちょうどいま 説明したこと はとても興味深い

(第4文型)どうか教えてくれますか 私に さらに ~について A そして B(について)

W

Please t

★Advanced

(熟語3単語)私は~に興味をそそられている (関係代名詞)(現在完了形)あなたが私に言ったこと (熟語2単語)これまでに

さらに詳しく説明してくれますか。

(丁寧)私は~を聞きたい さらに~について A そして B(について) 明確に

I’m i

Can you

I’d

12 もう一度言ってもらう

Basic

(丁寧)(熟語2単語)話を前に戻していただけますか 少し

C

Intermediate

私は しっかりとは ~を把握出来なかった その最後のこと (関係代名詞which省略)あなたが言った

(丁寧)(熟語3単語)~を繰り返していただけますか それ(を)

I didn’t

Could

Advanced

私達は話を戻しませんか 2-3段階

(熟語2単語)私は~を確かめたい (that節) (現在完了形)私は~を理解した あなた(を) 正確に

Can

I want to

13 相手の発言内容を確認する

Basic

あなたが意味していたのは~ですか

Did

Intermediate

私は思います (that省略) あなたが…と言った

あれは~ですか (関係代名詞)あなたが言ったこと

I think 

Is that

Advanced

(丁寧)私は~を確認したい (熟語2単語)~が確かかどうかを (that省略) 私があなたを理解している 正しく

それは~のように私に聞こえた あなたが~と言った

あれは正しいですか?

I’d like to c

It s

Is that

14 相手が誤解していないか確認する

Basic

私は~かどうか自信がない 私はそれを説明した うまく

(第4文型)教えてくれますか 私に (関係代名詞)あなたが理解したこと

I’m not

Please t

Intermediate

(丁寧)私は~を確認したい ~かどうかを分かること 私は~を説明した 私自身(を) うまく。

どうか共有して下さい 私と (関係代名詞)あなたが理解したこと

★Advanced

申し訳有りません、しかし (熟語3単語)私は 完全には ~に自信が有りません 私の能力 ~を説明する ものごと(複数)(を) うまく

(丁寧)(熟語2単語)私は~を確認したい (that節) (熟語2単語)あなたがそれを理解した

(丁寧)(熟語2単語)~を復唱していただけますか 私に対して あなたの理解(を) ~の (関係代名詞)私が言ったこと

I’m s

I’d like to m

Could you r

Chapter3 会話術・ディスカッション術

Chapter4 いいことを伝える

Chapter5 言いにくいことを伝える

Chapter6 交渉(価格交渉、無理なお願いなど)

Chapter7 文化的・社会的背景に関する知識が必要な話題