入門英文問題精講 4訂版 第1章~第3章 小テスト

ハルヨンのレッスンで使用している入門英文問題精講 4訂版の小テストです。

本書を終えることで何が出来るようになるのか

大学受験試験レベルの難易度が高めの英文が読めるようになります。

中級者、上級者になるために必要な英文法の知識が得られ、英文法の参考書の解説が理解出来るようになります。

TOEIC LR試験対策においては、Reading Partで300点、400点を突破するための基礎力が身につきます。

本書の優れた点

解説が極めて詳しい。短めの英文に対して、2ページ分の日本語解説が有ります。

この日本語の解説は読むのはそれなりに大変ですが、この日本語の解説を繰り返し読むことで、上級者に到達するために必須の英文法の知識が習得出来ます。

1982年からアップデートされ続けている教材であるため、40年近く積み重ねられた知見が本書に詰まっています。

第1章 主語と動詞の把握

1 主語の把握(前置詞+名詞)

★1行目

~と共に (3単語)ますます多くの 使い捨ての、パッケージ化された商品(g始まり)(複数)、

その平均的な世帯の量 ゴミの うなぎ登りに上がった

2 動詞の把握(受動態)

★1行目

~にて その2012年の夏季オリンピック、例えば、(熟語2単語)1万を超える競争者達 ~から 204の国家(複数) そして 地方(複数)(から) 参加した。

At the

★3行目

(過去の受動態)これらの競技(複数)は出席された ~によって 数千の見物人達 そして 観られた ~によって 数百万の人々 テレビで

These g

3 動詞の把握(受動態+不定詞)①

★1行目

~の大半は その友情(複数) (受動態)は報告された ~として 支えとなっているとして
家族、しかしながら、(受動態)~だと分かった ほとんど~に対し影響を持っていない 1つの個人の健康 そして 幸福であること(に対し)

M

Family, h

4 動詞の把握(受動態+不定詞)②

★1行目

私は思う (that省略) 生徒達は~を減らすべき 彼らの時間 (3単語)~の前の 画面(複数) そして ~を読むべき 本(複数)(を) 毎日 たとえ1つの短い時間でさえ

I think

★3行目

~を形成すること 1つの読書習慣 幼年時代に (熟語3単語)は~と言われている (熟語3単語)~と関連していると 後の読むことの熟達と

F

5 動詞の把握(SVOCのCが(V)ing)

★1行目

1844年に、一人の商船の船長 ~と名付けられた Johnathan Walker (過去の受動態)は見つけられた(c始まり) ~を助けているところを 8人の奴隷たち(を) 逃がす(のを助けて) ボートで ~から Pensacola、Floridaの

In 1844, a

6 動詞の把握(分詞との区別)①

★1行目

野菜(複数) ~のような 赤ピーマン(複数)、ブロッコリー あるいは アスパラガス、(過去分詞)は~だと考えられている すっかり(q始まり)普通の(o始まり) (3単語)西洋では しかし 1つの部分ではない(と考えられている) ~の その伝統的なインドの食文化(の)

、(受動態)いま見つけられる subzimandisで

Vegetables

, can now

7 動詞の把握(分詞との区別)②

1行目

(可能性の低い推量, 40%前後, m始まり)(熟語3単語)人々は~について心配するかもしれない その安全性 ~の 航空機 (過去分詞)操縦された 女性パイロットたちによって、

しかし (受動態)彼らの懸念(複数)は支持されていない データによって

People m

, but their

★3行目

例えば、1つの以前の分析 ~の 巨大なパイロットデータベース(複数) (過去分詞)行われた (4単語)アメリカで は~を示した 全く有意義な違いがないことを ~の中で 事故の割合(複数) ~の間で 男性 そして 女性パイロット達

For example, a p

8 主語と動詞の省略

★1行目

彼の相対性理論 (熟語2単語)は~に合わない (関係代名詞)私達が知っていること ~について 重力、

すなわち ~に(合わない) どうやって物(複数)が落ちるのか

…his t

, n

★2行目

(熟語2単語)彼は~をはっきりと理解するようになった これ(を) ~を書いている時 1本の論文 ~を要約している 彼の理論

He c

9 主語の把握(文頭の長い副詞句)

★1行目

(熟語2単語)~によると 1つの報告 (過去分詞)発表された 共同で 12月に 2015年 ~によって  野村研究所 そして Oxford大学(によって)、

研究者たちは~を予言した (that節) 進歩したロボット達 そして AI (過去の未来形)~に取って代わる 約49%の日本の労働力 10~20年以内に

Ac

, res

10 主語の把握

★1行目

その歴史 ~の その発達 ~の 数(複数) (受動態)は依然として完全に理解されていない、

しかし 最近の研究 研究者たちによる ~に関心を持っている 粘土の代用貨幣(複数) 見つけられた (5単語)その中東全域で (現在完了形)(第4文型)は与えた 私達に 1つのより良いイメージを

The history

, but recent

4行目

(熟語2単語)その研究のおかげで、

それは いま 起こりうると思われている (that節) (受動態)数学は発明された ~前に 書くことそれ自体(の前に)

T

, it now

11 主語の把握(否定語)

★1行目

オペラは~である 1つの芸術形態 (関係代名詞that)~を褒め称える その人間の声(を) ~にある その(its)最も高い水準 表現の

Opera is

★2行目

他の芸術形態では~を創り出せない 興奮(を) そして ~を動かせない その心(を) (3単語)そのやり方で (関係副詞that)オペラがする(ように)

、特に 上演された時 ~によって 1人の偉大な歌手

No

, e

第2章 準動詞

12 〜ingの働き(動名詞)①

★1行目

ほとんどの若者にとっては、~だけれども(t始まり)、大学に行くこと そして うまくやること は 依然として その最善の方法である ~を習得するための(m始まり) その道具(複数) (過去分詞)必要とされている 多くの職業(複数)にとって

F

13 〜ingの働き(動名詞)②

★1行目

(過去進行形)Albertは~を読んでいる Kant(の作品)(を) そして ~に出席している 時折の講義(複数)(に) その大学で Paviaの (2単語)楽しむために、

~することなく (受動態)登録される そこで あるいは ~しなければならないことなく ~について考えること 試験(複数)

Albert

, w

14 〜ingの働き(動名詞か現在分詞か)①

★1行目

最古の証拠 現代の人間達が ~を使っていた 熱帯雨林(複数)(を) は~からだった およそ45,000年前(から) ~の中で Niah洞窟、Borneo

T

★3行目

(第2文型)これらの地域(複数)は~と思われる 1つのありそうもない場所 初期の人間達が 住んでいるとは

These r

15 〜ingの働き(動名詞か現在分詞か)②

★1行目

ちょうど去年、

1つの体系的な見直し ~の 研究(複数) (現在分詞)(2単語)~に注目している 長期の消費 コーヒーの そして そのリスク 循環器系の(cardiovascular)病気の (過去の受動態)は発表された。

J

, a s

★3行目

その研究者達は~を見つけた 36の研究(複数) (現在分詞)~を巻き込んでいる 127万人を超える 関係者達(を)

The r

16 〜ingの働き(分詞構文)①

★1行目

男女混合のチーム(複数)があった そして 国籍混合のチーム(複数)(があった) ~に対して いくつかの競技種目(複数)、

(分詞構文)(使役, a始まり)~を可能にする 運動選手達が 異なる国々からの 参加することを 一緒に スポーツ(複数)において 例えば(s始まり) アーチェリー、柔道、そしてトライアスロン。

there were

, al

17 〜ingの働き(分詞構文)②

★1行目

~の中で 1つの研究 発表された ~の中で その定期刊行物Nature、

(現在完了形)科学者達は いま 正確に ~の年代を定めた 2つの人間の歯(の) 最初に発見された ~の上で その島 Sumatraの ~の中で その19世紀後半、

(分詞構文)~を示している (that省略) (過去進行形)私達の祖先達は暮らしていた そこで ~の間に 73,000 そして 63,000年前(の間に)

In a

, scientists h

, s

18 〜ingの働き(付帯状況)

★1行目

(2単語)~だけれども 彼らは~を巻き込んだけれど 選手たち(を) ~からの 164の国々、

委員達は~を認めている (that節) そのLondonパラリンピックの試合(複数)は~ではなかった 1つの本当に世界的な催し。

E

, o

★3行目

発展途上国(複数)は十分に代表していなかった、

(付帯状況)競争者達が~に直面している 障害(o始まり)(に) (現在分詞)~の範囲に及んでいる ~から 偏見 ~に対する 障害(d始まり) ~まで その高い費用 ~の 車椅子(複数) そして 義肢(複数)

D

, with c

19 〜ingの働き(完了分詞構文)

★1行目

~の時(同時性が強い) 私が立っていた 新宿で

私は~について考えた Vancouver、(関係副詞)そこで 私は生まれて そして 育てられた。

A

, I thought

★2行目

私にとっては、それは1つの大都市だった、

しかし (分詞構文)(現在完了形)~を経験したので 都市生活 New Yorkで そして 東京(で)、

私は~を認めなくてはならない どれほど物事を知らなかったか 故郷のVancouverでは

T

, but h

, I have

第3章 関係詞

20 関係代名詞

★1行目

1つの潜在的な障害 女性たちが パイロット(複数)になることの (可能性の低い推量, 30%前後, m始まり)はその固定観念かもしれない (関係代名詞that)(現在完了形)長く存在していた 多くの社会において

: 女性たちはあまり適していない ~に対して この仕事(j始まり)

One p

: women

★3行目

(第2文型)これは生じているように思える 部分的には~から その見方 (that節) (熟語2単語)少年達は~する傾向がある (熟語2単語)~において秀でている 機械工学 そして より強い 肉体的に 少女たちより

This s

21 前置詞+関係代名詞①

★1行目

発明品(複数)でさえ (関係代名詞that)~を満たす その必要性 (関係代名詞which)それらに対して (受動態)これらは 当初 設計された 

(第2文型)後に~だと判明するかもしれない より役に立つと(v始まり) ~を満たす際に 予見できない必要性(複数)

Even i

22 前置詞+関係代名詞②

★1行目

~の時 Edisonが~を作った 彼の最初の蓄音機(を) 1877年に、

彼は~を発表した 1本の論文(を) (現在分詞)~を提案している 10の使用法(複数) (関係代名詞which)それらに対して 彼の発明品 (受動態)が置かれるかもしれない

When Edison

, he published

★3行目

これら(10の使用法)は~を含んでいた ~を保存すること その最後の言葉(複数) 死んでいく人々の

、~を録音すること 本(複数)(を) 目の見えない人が 聞くための

、そして ~を教えること 綴ること

They i

, r

, and t

23 関係代名詞(those who)

★1行目

その結合されたデータは~を示した (that節) あれらの人々(関係代名詞)~を消費した 1つの適度な量のコーヒー(を)、およそ 3から5杯(複数) 1日に、

は~だった 最も危険性が低い その問題(複数)に対して

The c

, were at

★3行目

あれらの人々(関係代名詞who)~を消費した 5 あるいは それより多い杯(複数) 1日に は~より高くない危険性を持っていた(≒同じ程度の危険性を持っていた) ~よりも あれらの人々(関係代名詞who) は全く消費しなかった

Those

24 関係代名詞の非制限

★1行目

(受動態)1つのグループは言われた (that節) (未来形・確定)彼らは~を入手する 反応(を)、

(関係代名詞)いくつかのそれらは良かった そして (関係代名詞)いくつかのそれらは悪かった、

そして (受動態)は尋ねられた どちらを彼らは聞きたいか 最初に

One group

25 関係代名詞の非制限用法②

★1行目

その狼達の数(複数) (過去完了形)は減少した その1920年代までに 狩猟を通じて、

(関係代名詞)(受動態)取り締まられていなかった その政府によって。

The w

, w

★3行目

牧場主達 大きな農場(複数)の上にいる (現在分詞)~を育てている 牛、馬(複数) そして 羊(複数) 
は狼達が好きでなかった 
なぜなら(読み手は理由を知らない) これらは彼らの動物達を殺したから

Ranchers on

26 関係代名詞の非制限用法③

★1行目

(現在完了形)心理学者達は~を指摘している (that節) 十分に確立された友情(複数)は導く 私達を 1つのより良い理解へ 私達自身の

P

★3行目

(現在完了形)彼らはまた特に言及していた (that節) (可能性の低い推量, 35%前後, m始まり)私達は争い(複数)に直面するかもしれない 知人達とだけでなく ~とでさえ 私達の良い友人たち、

(関係代名詞which)(可能性の低い推量, 30%前後, c始まり)(熟語2単語) ~の終わり(複数)という結果になるかもしれない いくつかの私達の友情(複数)

They have

, which c

27 関係副詞(when)

★1行目

1人の大人になること は 1つの段階的な進行である、
そして (関係副詞)ちょうどその時 若い人々は 最終的に 賢明である (熟語2単語)~するくらいに十分な (受動態)扱われる 若い成人達として

(ちょうどその時)は その時ではない 与えるための 彼らに 自由な利用の権利 その酒場に対する

B

, and just w

★4行目

飲酒 若い人々による (熟語2単語)は~につながる 事故(複数)、怪我(複数)、そして 死(複数)。

d

28 関係副詞の非制限用法

★1行目

これは1場面です 日常生活の (関係代名詞that) その政府がその未来として考えている 日本の超スマート社会の、

(関係副詞・非制限)そこで 全ての個人達は~を受けられる そのサービス(複数) (関係代名詞which省略)彼らが必要としている (熟語2単語)年齢に関わらず、性別、地域 あるいは 言語(に関わらず)

This is

, where

29 主語になるwhat

★1行目

彼女は強調している (that節) (関係代名詞)私達が最も必要としていること は ただ 1つの強い欲求 働きたいという そして 良識

…she s

30 補語になるwhat

★1行目

コンピューターゲーム(複数) は 1つの形態 物語の、
そして 人間(複数)は熱心な物語の語り手(複数)

Computer g
, and h

★2行目

Yuval Noah Harariが主張しているように 彼の本 『サピエンス全史』、
その能力 結びつける虚構(複数)を創る は (関係代名詞)私達が~になることを可能にした 最も支配的な種(になること) その惑星上で

31 目的語になるwhat

★1行目

旅行すること 様々な国々へ (可能性が高めの推量, 50-70%, c始まり)あなたにもたらすかもしれない 1つの豊かな 経験の

その問題は~を学ぶこと どのように~を解釈するのか (関係代名詞)あなたが見るもの

T

The problem is

★3行目

(可能性が高めの推量, 50-70%, c始まり)外見(複数)は当てにならないだろう

物事(複数)はいつも~ではない (関係代名詞)いつも見たままである

A

T