語学留学・ワーキングホリデーのリスクを下げる

ハルヨンで3つのリスクを減らしていく。日本国内にいる間から賢く準備する。

リスク1 英語力

英語力を高めてから海外へ行く。

日本であれば先生がいるし、教材もすぐに入手出来る。海外は初級者ほど厳しい。
そしてまた、この準備期間に語学力以外にも知っておくべき情報収集を行う。

海外生活は人によって合う合わないがある。また、英語力が低い人ほどストレスが大きい。英語力を上げてから、海外に行った方がストレスを減らせる。

理想的にはTOEIC LR試験で800点以上(Reading Part 400点以上)に到達してから留学すべきです。

最低限必要なのはTOEIC LR試験で600点以上(Reading Part 300点以上)。これ未満の英語力の人は、準備不足なので、英語圏の国へ行くことはお勧めしません。

リスク2 情報

英語力を高めると同時に現地で必要になる知識を事前に知っておく。
現地でお勧めの語学学校の情報を留学エージェントから獲得する。

リスク3 お金

いきなり海外現地に行って、語学学校に大金を支払わない。日本で英語力を高め、現地では最低限必要となる期間のみ語学学校に滞在して、資金を節約する。

語学留学は最初に一括支払い。申込先の語学学校と揉めた場合、返金までこぎつけるのが大変。返金されないリスクも有る。

また、日本で働きながら英語力を上げることで、留学期間をそもそも短くする。これは無職期間を短縮することも意味するので、費用面での負担を大きく下げることに繋がる。