TOEIC900点、英検1級、TOEFL、IELTSで必要になる英文法・英文読解の知識を習得するためにお勧めの大学入試対策の参考書

本記事ではTOEIC900点や英検準1級・英検1級以上の上級者レベルに到達にする、IELTS試験やTOEFL試験を理解するのに必須となる英文法・英文読解の知識を習得するためにお勧めの参考書を紹介しています。

(注意)TOEIC700点未満、英検2級未満の方は先に下記の記事を読み進めてください。

あわせて読みたい
TOEIC600点、TOEIC800点に到達するために必須の英文法・英文読解が学べる入門英文問題精講 4訂版 「3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる」を学習方針とする語学学校バックワイズではこの記事で紹介している...
目次

1. 入門英語長文問題精講

入門英語長文問題精講 3訂版

大学入試レベルの24本の英文を読み込みながら、読解力・リスニング能力を高めます。

入門英文問題精講の姉妹編です。本書も難易度は高めですが、このレベルの英文を品詞分解しながら読めるようになれば、TOEIC LR試験の英文読解で困ることは有りません。

入門英文問題精講 4訂版を読み切った人であれば本書の内容を理解出来ます。

サンプル英文を2つ紹介

入門英語長文問題精講の英文サンプルを下記に示します。

このレベルの英文を問題なく読めなければ、TOEIC900点には到達出来ません。

下記の画像の英文の注目箇所は2箇所です。

(1) 否定の無生物主語、比較級 ※最初の英文、 Nothing is more different today than the business of selling things to consumers on the Internet

(2) 関係代名詞の非制限用法、主語が長く動詞と引き離されている ※2行目後半の英文、The retail business, which used to take place mostly in stores that people went to by car or other means of transportation, has decisively moved to the internet

次の画像の注目箇所は分詞構文です。

分詞構文が使われる英文 ※2行目後半 , the alternative being expensive and impractical multi-way translation facilities.

→主語が省略されない分詞構文についての理解が出来ているかどうか

これらは高校2年生~高校3年生の水準の英文です。TOEIC LR試験でも出題される難易度です。

TOEIC860点、900点超えを狙う場合にはこの水準の英文を問題なく読めるように、品詞分解・英文法の基礎固めを行う必要が有ります。

2. 英語長文ポラリス 標準レベル

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル]

こちらも英文読解を学ぶ参考書です。入門英文問題精講 4訂版よりも長めの英文で品詞分解について学べます。

このPolarisは人気があるのか、カフェで高校生が自習しているのを時々見かけます。

サンプル英文

英文の難易度は下記になります。TOEIC LR試験にはあまり登場しないですが、大学受験で知っておくべき英単語が登場しています。

下記の画像の注目箇所は2箇所、「2行目に登場する現在分詞の用法」「3行目のWhile前の主語とbe動詞の省略」です。

people using wheel chairs and strollers, people walking in their vicinity while operating a smartphone can pose a significant threat.

日本人でTOEIC800点に到達した方々の大半は大学受験時にこのレベルの教材を読破し、読み込んでいます。

このレベルの英単語は読めないと、仮にTOEIC LR試験で800点に到達してもその後の学習で伸び悩みます。

難易度が高い英文を読み解くには一般教養も必要。

下記はポラリスで登場する英文のテーマ一覧です。

これら英文を読み進めるには、登場するテーマについてある程度知っている必要が有ります。

例えば、一番上段のテーマは「移民」についてです。

  • 発展レベル – 移民受け入れという使命
  • 応用レベル – 子供が移民となる理由
  • 標準レベル – 移民の子供が抱えるジレンマ

「移民」というテーマについてどれだけ知識を持っているか、どういった問題意識を持っているかで英文を読む際の速さ・深さが大きくことなってきます。

日本の移民問題を取り扱っている作品

例えば日本であれば出入国在留管理庁(入管庁)の問題、技能実習生の問題点、ウクライナ避難民の受け入れについてすでに知っている場合にはこれらのテーマの英文が登場しても戸惑うことなく読み進められます。

下記は技能実習生問題の問題を描いた作品※表紙はライトだけれど、内容はとても重い。

アインが見た、碧い空。: あなたの知らないベトナム技能実習生の物語

他にも埼玉県に暮らす在日クルド人の葛藤描く「マイスモールランド」の映画を観たことがあるかないかで問題意識の有無が大きく変わってくるかと思います。

マイスモールランド

積極的に移民・難民を受け入れるカナダ

日本の外に目を向けてみましょう。移民といえばカナダです。

カナダはこれまでに1500万人を受け入れ、今や国民の5人に1人が移民。公用語の英語とフランス語のほか、200以上の言語を話す人がいるとされ、移民の受け入れを担当する大臣もソマリアからの移民という、まさに移民が前提となった社会だ。

「多様性は私たちの力だ」カナダにみる寛容政策
紛争でしたら八田まで(10) カナダ、みんな違ってみんないいしみんな悪い

移民の国カナダについて分かりやすく学べるので紛争でしたら八田まで(10) カナダ、みんな違ってみんないいしみんな悪いはお勧めです。

このように日頃から日本語でもアンテナを様々な話題にアンテナを立てて英文読解に必要となる一般教養を身につけることで、難しいテーマを扱っている英文も読めるようになります。

お勧めはNHKのニュースで学ぶ「現代英語」

スマートフォンがあればいつでもどこでも学べるお勧めのニュースで学ぶ「現代英語」。

英語と時事知識を学べる一石二鳥の有益さから、現在の天皇陛下(徳仁陛下)もご覧になって、英語と時事英語について学んでいました。

下記の英語ニュースで学べる教材がイチオシです。

あわせて読みたい
【2022年版】ニュースで学ぶ「現代英語」 TOEIC試験対策+英会話対策にお勧めの無料教材 (記事の執筆者)この記事の執筆者は「3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる」フィリピン留学の語学学校バック...

さらに高みを目指す人へ Polaris 2 応用、3 発展

英検1級、TOEFL iBT試験、IELTS試験といった極めて高難度の試験に挑戦する人は一番優しい 大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル] だけでなく、さらに難易度が高い下記の2冊にも挑戦するのをお勧めします。

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[2 応用レベル]
大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[3 発展レベル]

ここまで到達したら英検1級、TOEFL iBT試験、IELTS試験といった高難度の試験に挑戦する準備が出来たと言えます。

同じTOEIC Aレベル(TOEIC860点)でも、英語力に大きな差がある場合も有る。

理想的な学習コース 大学入学試験対策⇒TOEIC LR試験対策

この記事で紹介した2冊の参考書はもともと大学入試を想定した参考書です。

日本人でTOEIC LR試験で高得点を取る人は、「大学入試で英語が得意科目」→「大学入学後にそのままTOEIC LR試験対策をして高得点を獲得」という学習をしている人が一般的です。

高校時代から基礎を着実に固めて勉強している場合だとTOEIC860点到達時に(Listening Part 430点 : Reading Part 430点)というようなバランスの良いスコア配分になる傾向が有ります。

このスコア配分の方であれば、IELTS試験対策やTOEFL iBT試験対策も引き続き問題なく行うことが出来ます。

TOEIC Reading Partの点数が低い人は依然として基礎が欠けている

逆に英文法・英文読解の基礎を固めずにTOEIC LR試験対策を始めた人、英会話に重定を置いて語学留学(フィリピン留学)をしている場合には、(Listening Part 490点 : Reading Part 370点)というようなListening Partに過度に偏った点数になる傾向が有ります。

そしてL430 R430の方の英語力の方が実質的には1-2段階高い英語力にあるといえます。なぜならTOEIC LR試験においては、Listening Partの難易度がReading Partと較べてかなり低いので。

Reading Partで400点を取れない場合には、仮にAレベルに到達しても英文法・英文読解の基礎知識が欠けているため、英検、IELTS試験、またTOEFL iBT試験にそのまま取り組むのは難しいです。

TOEIC800点以上の点数を取れるけれど、Reading Partが400点を超えられない方にこそ、この記事で紹介している大学入試向け参考書がお勧めです。

大学入学試験向け参考書の方がTOEIC LR試験よりも難易度が高い

大学入試向け参考書、特に英文法・英文読解の参考書は、既存のTOEIC LR試験対策の参考書とは比較にならないくらいに高レベルです。

  • TOEIC LR試験で伸び悩みを感じている人。
  • TOEIC LR試験だけでなくさらに高難易度の英検準1級・1級、TOEFL、IELTSの試験に挑戦する人。

これらに該当する学習者は、それなりに大変ではありますが本記事で紹介している2冊に取り組むことをお勧めします。

この2冊で英文法・英文読解の知識を身につけた後であれば、TOEIC LR試験の参考書で困ることは無いでしょう。

あとは勉強時間を積み重ねていけば、TOEIC800点、TOEIC900点、またReading Part 400点、450点以上も達成可能です。

これら2冊を終えた後であれば、次に取り組むTOEIC LR試験対策の英文読解参考書も苦労することなく読み進めることが出来ます。

次に取り組むのは下記記事で紹介している参考書です。

あわせて読みたい
TOEIC LR試験対策 お勧めの英単語本 「3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる」を学習方針とする語学学校バックワイズではこの記事で紹介している...

(説明会申込み) 語学学校バックワイズ・オンラインレッスンのハルヨン

「3ヶ月の語学留学でTOEIC200点を上げて、マンツーマンレッスンで英会話・英作文が出来るようになる」を方針とするフィリピン留学・語学学校バックワイズではこの記事で紹介している教材を使って英語力を短期間で劇的に向上させることが出来ます。

語学学校バックワイズでのフィリピン留学についてより詳細を知りたい場合には、下の画像のリンク先記事よりバックワイズ・オンライン説明会にお申し込み下さい。

フィリピン留学の学習カリキュラムを留学せずに日本で受講したい場合には、大人の英語学び直し・オンライレッスンのハルヨンのオンライン説明会にお申し込み下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はるじぇー (株)ハルヨン 代表取締役

英語学習に関する有益な情報を発信しています。

得意分野は
「中学・高校英文法の学び直し」
「英会話に繋げるTOEIC L&R試験の勉強法」
です。

ツイッターは相互フォローの方針でやっているので、お気軽にフォロー下さい。

目次