品詞分解についてさらに学ぶための参考書2冊

大学入試対策の参考書である入門英文問題精講 4訂版

本書を終わらせた後に品詞分解についてさらに学ぶための参考書2冊を紹介します。

  • TOEIC LR試験で860点、900点超えを狙う人
  • TOEIC LR試験だけでなく、英検/TOEFL/IELTSの勉強のための基礎力を付けたい人

この2つのどちらかの条件に当てはまる人にのみお勧めします。

これから紹介する2冊はTOEIC800点で十分な人には不要な負荷が重い参考書ですので。

(補足)入門英文問題精講についてよく分からない方は先に下記の記事を読み進めて下さい。

あわせて読みたい
TOEIC600点に到達するための入門英文問題精講 4訂版 TOEIC LR試験で600点、Reading Partで300点に到達出来ない人は英文法・英文読解についての知識が欠けていると言えます。 また、少し難易度が高い複雑な構造の英文が来た...

この記事で書かれている教材を実際のレッスンで体験されたい方はリンク先ページにあるオンライン説明会/個別相談会の申し込みも検討下さい。

目次

1. 入門英語長文問題精講

入門英語長文問題精講 3訂版

大学入試レベルの24本の英文を読み込みながら、読解力・リスニング能力を高めます。

入門英文問題精講の姉妹編です。本書も難易度は高めですが、このレベルの英文を品詞分解しながら読めるようになれば、TOEIC LR試験の英文読解で困ることは有りません。

入門英文問題精講 4訂版を読み切った人であれば本書の内容を理解出来ます。

サンプル英文

入門英語長文問題精講の英文サンプルを下記に示します。

このレベルの英文を問題なく読めなければ、TOEIC900点には到達出来ません。

下記の画像の英文の注目箇所は2箇所です。

(1) 否定の無生物主語、比較級 ※最初の英文、 Nothing is more different today than the business of selling things to consumers on the Internet

(2) 関係代名詞の非制限用法、主語が長く動詞と引き離されている ※2行目後半の英文、The retail business, which used to take place mostly in stores that people wet to by car or other means of transportation, has decisively moved to the internet

次の画像の注目箇所は分詞構文です。

分詞構文が使われる英文 ※2行目後半 , the alternative being expensive and impractical multi-way translation facilities.

→主語が省略されない分詞構文についての理解が出来ているかどうか

これらは高校2年生~高校3年生の水準の英文です。TOEIC LR試験でも出題される難易度です。

TOEIC860点、900点超えを狙う場合にはこの水準の英文を問題なく読めるように、品詞分解・英文法の基礎固めを行う必要が有ります。

2. 英語長文ポラリス 標準レベル

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル]

こちらも英文読解を学ぶ参考書です。入門英文問題精講 4訂版よりも長めの英文で品詞分解について学べます。

サンプル英文

英文の難易度は下記になります。TOEIC LR試験にはあまり登場しないですが、大学受験で知っておくべき英単語が登場しています。

下記の画像の注目箇所は2箇所、「2行目に登場する現在分詞の用法」「3行目のWhile前の主語とbe動詞の省略」です。

people using wheel chairs and strollers, people waling in their vicinity while operating a smartphone can pose a significant threat.

日本人でTOEIC800点に到達した方々の大半は大学受験時にこのレベルの教材を読破し、読み込んでいます。

このレベルの英単語は読めないと、仮にTOEIC LR試験で800点に到達してもその後の学習で伸び悩みます。

さらに高みを目指す人へ

英検1級、TOEFL iBT試験、IELTS試験といった極めて高難度の試験に挑戦する人は一番優しい 大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[1 標準レベル] だけでなく、さらに難易度が高い下記の2冊にも挑戦するのをお勧めします。

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[2 応用レベル]

大学入試問題集 関正生の英語長文ポラリス[3 発展レベル]

ここまで到達したら英検1級、TOEFL iBT試験、IELTS試験といった高難度の試験に挑戦する準備が出来たと言えます。

難関大学を狙う受験生向けの大学受験参考書

この記事で紹介した2冊の参考書は、もともと大学入試を想定した参考書です。

日本人でTOEIC LR試験で高得点を取る人は、「大学入試で英語が得意科目」→「大学入学後にそのままTOEIC LR試験対策をして高得点を獲得」という学習をしている人が一般的です。

また、大学入試向け参考書は特に英文法・英文読解の水準が既存のTOEIC LR試験対策の参考書とは比較にならないくらいに高レベルです。

TOEIC LR試験で伸び悩みを感じている人。

TOEIC LR試験だけでなくさらに高難易度の英検1級、TOEFL、IELTSの試験に挑戦する人。

これらに該当する学習者は、それなりに大変ではありますが、この2冊に取り組むことをお勧めします。

この2冊で英文法・英文読解の知識を身につけた後であれば、TOEIC LR試験の参考書で困ることは無いでしょう。

あとは勉強時間を積み重ねていけば、TOEIC800点、TOEIC900点、またReading Part 400点、450点以上も達成可能です。

これら2冊を終えた後であれば、次に取り組むTOEIC LR試験対策の英文読解参考書も苦労することなく読み進めることが出来ます。

次に取り組むのは下記記事で紹介している参考書です。

あわせて読みたい
TOEIC LR試験対策 お勧めの英単語本 TOEIC LR試験で730点、800点、860点を超えるに当たって必要になるのは何は無くとも英単語・語彙・ボキャブラリーです。豊富な語彙力があれば、特別な試験対策をしなくて...

この記事を書いた人

ハルヨン代表 柴田 @HAL_J

日本にはほとんど全く存在しない「大人が英文法・英文読解を学び直せる場所」という学習方針を中心に据えて、

「TOEIC試験対策をいくらしても点数が伸びない初級者・中級者のための学習カリキュラム」

「Reading Part重視でTOEIC860点(A Level)に到達する。英会話・英作文も出来るようになる学習カリキュラム」

これら2つの学習カリキュラムを実現するレッスンをハルヨンでは提供しています。詳細はトップページをご確認下さい。

さらに詳しい情報に関して

この学習記事はハルヨンでのレッスンを土台にして作成しています。

ハルヨンについてより詳しく知りたい方・受講を希望する方は下記のボタンからオンライン説明会/個別相談会へお申し込み下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はるじぇー (株)ハルヨン 代表取締役

英語学習に関する有益な情報を発信しています。

得意分野は
「中学・高校英文法の学び直し」
「英会話に繋げるTOEIC L&R試験の勉強法」
です。

ツイッターは相互フォローの方針でやっているので、お気軽にフォロー下さい。

目次
閉じる